ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

その日、彼女の世界は引き裂かれた――――――――――――――


何の不自由なく、幸せに過ごしていた日常は、害虫という名の
災厄によってすべて打ち壊された。
父親と母親は彼女の目の前で生きながら食われ、恐怖に慄いた
少女にできるのは、ただただ生きるために逃げ延びる他なかった。

逃げた先にはなにがある?
頼れる人間は誰もいない。
年端もいかない少女に、野宿は過酷極まりない生活だった。
明日生きるのも定かではない、このどうしようもない現実に、
少女は死を覚悟した。

死ぬ。

それがどういうことか。

今感じている苦しみ、悲しみ、怒り、
それら全てが無に帰る。

……いいじゃないか。
どうせ全て失った身だ。こんな少女が死のうが、誰も気にすまい。
もういい。もういいんだ。
疲れたんだ。もう眠っていいんだ。

そう思って彼女は、目を閉じた。

その時だった。彼女の前に一人の女性が声をかけた。

「貴女には、神のご加護がある」

そう言って女性は少女に一つの槍を手渡した。
大ぶりで無骨な槍だったが、不思議と重くはなかった。

「これは……?」
「それは神鎗グングニル。貴女を主と認めたのです。その力を使って、害虫と戦うのです」
「でも、私なんかじゃ……」
「貴女は神に選ばれたのです。白き神鎗、グングニルも貴女に応えてくれるでしょう」
「さぁ、お行きなさい、全能神スルトの名の下に……」



……という過去(一部は本当に事実だが)があったのかはともかく、アイビーはベルガモットバレーの花騎士になった。


神鎗と言っても実際は槍というかクリスマスに飾るステッキであり、グングニル・ヴァイスという大層な
スキルもそのステッキでぶっ叩くだけである。スキル演出はまぁまぁ派手ではあるが、実際は前述の通りぶっ叩いてるだけなのでかなり地味。
通常進化

進化前はなんというか童貞を殺しそうな服に、オッドアイ(カラコン)に眼帯をつけた中二病真っ盛りな容姿。
進化後は中二病というかなんというか魔王の手下みたいな禍々しい衣装へ様変わりする。
普通以上に大きいおっぱいを強調してはいるが、童貞を殺す服のほうが評判がいいのか、
スキンを変更してる団長も一定数いる模様。かくいう私もそうです。

サクラやウメを理想の花騎士として敬愛しているようで、FCがあったら真っ先に会員ナンバー1番を取りそうなほどである。
実際ありそうだからこわいが。
キャラクエはギャグあり少しほっこりなかんじで、寝室は意外な感じである。まだ見てない団長は
是非キャラクエと一緒に見ることをオススメする。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます