ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

シャクヤクって、はい…私、そういう名前です…。花言葉は「恥じらい」「内気」…。
全部、その通りで…恥ずかしくてよく猫背になっちゃうんです…。
でも、それじゃ気持ちが落ち込むだけですから…。できるだけ、胸は張るようにしてます
通常進化


性格

緊急任務 目指せ!一流の花騎士 で実装された☆6の斬属性の花騎士。
立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花という格言の通り、この3キャラ(と福寿草)が同時実装された。
花言葉が示すように、非常に小心者で気が弱い性格。
幼馴染であり師匠でもあるボタンからも心配されるほど。
こんな性格からか、花騎士自体に向いてないのでは、と危惧するようになり、
イベントでも危なっかしい場面が何度もあった。

騎士として

しかし、害虫との戦いの中、師匠やユリフクジュソウ?の激励もあってか、
彼女は猫背だった背をしっかり伸ばし、勇気を振り絞って仲間のために武器を振るった。
その戦果によって、彼女は少しだけ自分に自信を持てるようになった。
ようやく、彼女の花騎士としての軌跡が始まったのだろう。


背中を丸めることない。

もう下ばかり向かない。

気弱でネガティブな気持ちはもうどこにもない。

この瞬間、彼女は未来という名の前を見据えて、戦っていくことを決意したのであった。










…………その結果がまさかオオカミコスプレとは夢にも思うまい。いやマジで。
しかも相方がウサギノオである。吹っ切れすぎである。だがそれがいい。

その他

シャクヤクは、ボタンによく似ている。ともにボタン科ボタン属だが、ボタンが樹木であるのに対して、シャクヤクは草本。
シャクヤクは、ボタンよりもやや小ぶりで、重厚なボタンに比べ、端麗で若々しい印象がある。
ボタンは成長すると枝分かれして横に広がる形になるが、シャクヤクは枝分かれせず最後まで真っ直ぐ一本のまま伸び続けるのだ。

英語でシャクヤクは「Chinese peony」、ボタンは「Tree peony」。
単に「peony」となれば、シャクヤク、ボタンどちらも差す。可能であれば二人一セットで揃えたいところ。
その幼馴染のボタンがいわゆる「のじゃロリ」なので、シャクヤクも同年代のロリっこであることは明白なのだが、
進化するとそれなりに立派なお胸を披露してくれる。巨乳とまではいかないが、発育がいいのは間違いない。
いやあ今後が楽しみですなぁ、同士団長。

また、シャクヤクには健康効果があり、その中には「女性特有の悩みを改善する効果
がある。それが何なのかは置いとくとして、シャクヤクのキャラクターに符号している。

中国の宋代には既に育種が始まっており、そこからフランスで品種改良がなされ、
明治時代以降の日本で、品種群との交配を重ねて、新たな一群が作られた。
その後日本でも切り花用品種の育成が続いているほか、ボタンの黄花品種との交配により
濃黄色の品種がいくつか生まれ、世界的にも注目される美麗な花として名高い。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます