ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

「やぁ諸君、ボクは花騎士兼名探偵のストレプトカーパスだ」

緊急任務「ガラス館の怪事件」にて登場した、☆6の魔属性花騎士。
最早珍しくなくなった所謂兼業花騎士であるが、
その兼任職業としては初出となる『探偵』というポジションを新絵師ともに引っ提げてやってきた。



概要



同イベントはフラワーナイトガールにて行っているイベントの中でも新しい取り組みがなされており、
何と団長自身が選択肢によって彼女たちと共に怪事件を解いていくというストーリーになっている。団長の存在が珍しく薄れていないイベ
更には過去最大数の花騎士同時実装ともなり、色んな意味で話題となった。
そんな面子が濃い魅力的なキャラクターたちと共に登場した。
そんな濃い面子の中で埋もれてしまった感のあるミツガシワは泣いていい。

そして『怪事件』と『探偵』という組み合わせからか、証言ファイルなるものがあり、
当時は毎日のようにちょこちょこと動き回るストレプトカーパスのSDが見られ、メンバーの中でも最も存在感をアピールしていた。
なお、最高レアリティなこともあってか、当時はおっぱい怪盗四コマで人気を博したですぱたちに人気が集中していた。
しかしながら、追加されたSDの豊富さや、ボクっ娘であること。更には寝室の揉み心地の良さそうなおっぱいや艶やかな表情を前に、
主におっぱいにダイマされた団長たちの間で人気が高まり、現在では上記のおっぱい怪盗やですぱさんとタメを張るレベルの人気キャラクターとなっている。


キャラクター




自らを『名探偵』とか言っちゃう、春庭では貴重な『ボクっ娘』
彼女以外ではベルガモットバレーの名家出身のボクっ娘燃える心を持った熱い僕っ娘などがいる。
あれ? 皆おっぱい大きくねぇか!?

また、元ネタの花に「この囁きに耳を傾けて」という花言葉があるせいか、『事件現場で囁く声』が聞こえるという特殊能力を持っている。
この能力を使い、実家の失われた家宝を探し出すなどして活躍し、その際の謎を解き明かす高揚感、両親に褒められたことなどがきっかけで、
ミステリー好きとなり、そして現在に至る。

SDではガチ走りを披露してくれる彼女ではあるが、どうやら幼い頃は病弱だったようであり、友人もメギぐらいしかいなかった。
しかし、探偵を目指すために強靭な肉体を得ようと山籠もりをしたり、体を鍛えたりして現在花騎士を務められるほどのおっぱい体力を得たという、
才能だけでなく密かな努力家でもある。
というか、春庭花騎士病弱娘多すぎしませんかね…。

また、探偵と怪盗という関係からか、世間を騒がしている怪盗ナイトシェードとは因縁浅からぬ中であり、
たびたび事件を介して衝突し、互いの智勇を決し合っている……というわけでもなく、
イベントを見る限りでは仲の良い好敵手的な感じの関係であったりする。

しかし、その怪盗ナイトシェード一味の諦めない精神や面白さはストレプトカーパス自身も認めており、
「怪盗の物語には名探偵が必要だからね」と認めている旨の発言を残している。
なお、最後に勝つのは自分だともいっており、負けたり譲ったりする気はさらさらない模様。

そんな、名探偵ホームズVS悪の数学教授ジェームスのような死人が出るようなガチバトルな関係でないのもあってか、
公式四コマでは非常にコミカルな彼女たちを見ることが出来る。
気になる団長諸氏はフラワーナイトガールのゲームページから少し下にある『花騎士四コマ劇場』を見てみよう。
彼女たちの活躍は第34話からであり、それ以降もちょいちょい出演している。

割とどうでもよくはない追記

SD



イベントがイベントなだけあって、その解決役として登場した彼女のSDは非常に豊富であり、
ネタに事欠かない上に見ていて飽きないだろう。
多すぎて全部は紹介しきれないので、とりあえずここでは移動モーションのみ紹介する。
欲しければじゃぶるかスペチケ、虹メダルを使って、どうぞ(ニッコリ)

何かないかな〜?事件現場へ向かおうじゃないか事件がボクを呼んでいる!運転もお手の物さ


ぽんこつ名探偵?



彼女を語る上で避けては通れないネタがある。いや、ネタが出来てしまったというべきか……。
事件は緊急任務「波乗れ! 常夏クリスマス!」のイベント内ミニゲーム、スワンボートレース3日目に起こった。

スワンボートレースとは詳細はここでは省くが、要は競艇のようなものであり、イベントステージで稼いだアイテムを
このレースで1位になりそうなボートに賭け、的中させると交換用アイテムを貰えるというミニゲームなのである。

そこに予想屋という、様々な花騎士たちが各々の予想を披露して団長たちを惑わしてフォローしてくれるのだが、
我らがストレプトカーパスはその予想屋として3日目の予想をしてくれた。
彼女の『名探偵』としての才能。能力は『奇数レースにて非常に強くなる』という、十分すぎる予想をしてくれた……のだが、
そんな彼女と共に予想屋として出てきた相手が悪すぎた。

団長諸氏から絶対的な信頼を置かれており、一部では神とすら崇められるモコウの前にカーパスの◎は敗れ去ってしまった。
相手は予想というよりも最早不可避の予知レベルの能力を持ったモコウ神であるため、致し方ないといえば致し方ない結果ではある。

ストレプトカーパスの名誉のために補足するならば、◎の予想こそ外れたものの予想自体は決して外してはいない
上記の『奇数レースにて非常に強くなる』のも嘘ではないし、実際その後の奇数レースにて再登場した際は見事にオッズ100倍を当てて見せた。
勘違いされがちではあるが、彼女はぽんこつなのではない。
相手が、初戦の相手が悪すぎただけなのだ……・

しかし、その出来事は初参戦ということもあって団長たちからは大いにネタにされ、
更には絵師自らネタにしてしまったことも手伝って、
彼女に『ぽんこつ』のレッテルが貼られるようになってしまった。

これにより、以前より人気は博した部分もあるので結果オーライといえなくもないが、あくまでもネタはネタなので本気にしないように。
また、このネタを嫌がる人がいることも念頭において、掲示板やツイッターなどでネタ振りをする場合は周囲の反応を伺いながら使用して頂きたい。


実花


ゲーム内の彼女がお高い女(レアリティ的な意味で)であるのに対し、
元ネタとなったお花がかなりお安い。値段の幅はあるが100〜500円ほどで購入できる。
まあ、園芸種になると余裕で1000円超えるのだが……。



園芸をやったことのある団長ならばスミレに似ている?」と思うところがあるかも知れないが、
れっきとしたイワタバコ科ストレプトカーパス属の多年草である。
見間違えてしまいそうになるのはスミレと同じく、花茎と葉茎が分かれているところであるだろうか。

この花茎と葉茎が別々に生えていることを『無茎種』といい、上記の写真のストレプトカーパスがそれにあたる。
また、根元から茎が伸び、茎に葉と花が咲く『有茎種』も存在する。
但し、『無茎種』は『ストレプトカルプス亜属』となり、『有茎種』は『ストレプトカルペラ亜属』と分類された。
更に更に、『無茎種』には分類が分かれており……(以下略)
なんのこっちゃ。

どうもゲーム内の葉の形を見る限り、ストレプトカーパスのモデルになった花は有茎種の『サクソルム』であると思われる。
こちらはケニアやタンザニアの山地の岩場に自生しており、上手く育てれば一年通して花が楽しめる。
サクソルムを含めた有茎種を育てる場合は吊り鉢が良いと言われている。

しかしながら園芸難易度としてはかなり高く、暑すぎず寒すぎず、湿度が低いのも駄目で、かといって水をやり過ぎれば当然根腐れを起こす。
土は適温を保ち、空気中は湿度があると良く、無い場合は霧吹きで土を湿らせなければならない。
更には強い日差しにも弱く、更には暑さが30度を超えた日が続くと株が痛んだり、腐ったりする。
また、暑さで株が弱っている際に水を大量に与えると吸収しきれずに根腐れを起こす。
寒さには比較的強いものの、それでも5度以上を保たなければ越冬できない。

上記のように強すぎる光は駄目だが、かといって弱すぎるとそれはそれで花付きが悪くなってしまう。
半日陰もしくは夏を除いて適度な日差しに当てると良いと言われています。

とまあ、かなーり手間のかかる子であり、ゲーム内で病弱設定だったり、スキル構成がひと手間加えないと真価を発揮しにくいのは
こういうところから来ているかも知れない。

ストレプトカーパス、という名前はギリシャ語のstreptos(ストレプトス:ねじれた)と、
karpos(カルポス:果実)の合成語であり、『ねじれた果実』を意味する。

実際に、この花の果実は細長くらせん状にねじれた姿をしており、熟すとそれがほつれて中から細かい種が散っていく。



丁度こんな感じになる。
これを見るためには花が萎れた時点で少し可哀そうだが花茎を取ってやり、しばらくすると果実がぴょこっと生えてくる。
写真では分かり辛いが本当に綺麗にねじれているので一見の価値あり。
自然とは、植物とは摩訶不思議であることを知ることができるかも、しれない。

花言葉


花言葉は「真実」、「この囁きに耳を傾けて」、「信頼に応える」、「清純な愛」など

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます