ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

『センリョウの名前はセンリョウっていうの!
「利益」、「裕福」、「財産」と俗っぽいのが花言葉。
実際お金持ちの家に生まれたから合ってはいるかな?
他に「可憐」ってのもあるけど、それはマンリョウお姉ちゃんの方だと思うなー』
進化前進化後

表情差分(進化前)

表情差分(進化後)


バナナオーシャン所属の☆5魔属性花騎士で、
「緊急任務 笑う花には福来る」にて、マツ?マンリョウナンテンハボタン?と共に初登場。
ちなみにこのイベントは初の追加キャラ5人イベントでもあった。

進化前の衣装は緑色の長着に朱色の羽織。
どちらにも彼女の名前の由来である千両があしらわれ、
地味すぎず派手すぎないその装いからは品の良さが伺える。
サイドアップにした明るい茶色の長い髪や、羽織からのぞかせた白い腕も華を添えている。

進化後は黄色と緑を合わせた色使いの、裾を大胆にカットした着物に身を包んでいる。
ガードの固かった進化前とは違って肩と脚の露出も増え、
そのおみ足をサイハイソックス風の長足袋が包み込む。
所々のフリル風な装飾も可愛らしさを引き立てていてGood.
またどちらの姿にも躍動感があり、元気と明るさに溢れた彼女の魅力を垣間見れる。

手に持ったカルタはれっきとした武器『お前なんだか』
攻撃時にはこのカルタから犬や猫、鬼に亀など、
ことわざにちなんだ絵が飛び出して害虫を攻撃する仕組み。
またカルタは武器だけでなく移動時にも利用されている。


「マイペースでゴーだ〜!」


センリョウはなんとプライベートビーチを持つほどの大富豪の娘であり、
またマンリョウとは義理の姉妹という間柄(ちなみにナンテンとは従姉妹同士にあたる)。
なぜ義理なのかといえば、マンリョウが身寄りのなかった養子であるためである。

……と、こうした背景を聞くと否が応にも複雑な家庭環境を想像してしまうが、
センリョウ自身はそんな事情を受け流すように、朗らかで気さくでマイペースな性格。
マンリョウとの関係も非常に良好なようで、たびたび憧れの存在としてセンリョウの口から名前が挙がるほど。
彼女が花騎士の道を志したのも義姉の影響である。

……の割に、実家から送られてくるクリスマスプレゼントの量には差があるらしいが、
養女のマンリョウに気を配りすぎて、実子のセンリョウには疎かになっているだけだと信じたい。


「団長、もしかして今はおさぼり中?
なら、マンリョウお姉ちゃんのとこ行こうよ!
センリョウ、お姉ちゃん成分が切れちゃった」


一人称がセンリョウだったり、スキンシップが大好きだったり、
害虫退治に張り切りすぎて船を漕ぎ出したりと子供っぽい印象の強い彼女だが、
その一方で実は彼女の振りまく明るさは単なる無邪気さ、
あるいは世間知らずなお嬢様故のもの、とは一線を画している。

キャラクエのネタバレあり



SDの動きはかっちりとした和服姿のためか、やや控えめ。
だがカルタを口の前に持っていって微笑んだり、
両腕で小さくガッツポーズを作ったりと動きの端々に可愛らしさが光る。
通常移動モーションでは育ちから来る品の良さも感じられるだろう。

ちなみに彼女のSDモーションにおいて時折イモムシ型の害虫らしきものが現れることがあるが、
これはセンリョウの初登場イベントにちなんだもの。
初夢に人語を話す害虫イソガシが現れ、ちょっとしたやりとりを繰り広げたセンリョウ。
イソガシに不満イソガシ☆アケオメコトヨロ☆アタックをぶつけられた彼女は、
目覚めてからもその悪夢におびえる……というのが大まかな流れ。
それにちなんで、SDにも悪夢にうなされながら移動するモーションが追加され、
スキルにおいても時々イソガシが攻撃を仕掛けるようになっている。

そして翌年、「緊急任務 鐘つき餅つき運のツキ!?」でも、
イソガシは引越しという内輪ネタを引っさげてセンリョウと共にまさかの再登場。
サーチアンドデストロイ!!サーチアンドデストロイだ!!
どこかの花嫁よろしく、イソガシと共同戦線を張ったセンリョウを見るのも夢ではない……かも?



「えっへへ〜、団長に触るのって楽しいな〜
ホッとするんだけど、ドキドキもしちゃうの!こんな不思議な感じは団長だけ。
よ〜し!もっとベタベタ触っちゃうぞ〜♪」

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます