ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに


「おかえりなさいませ、団長様。ツユクサはいつも、団長様を待っていますよ」

概要

緊急任務「十五夜と一夜物語」にて登場した☆5斬属性キャラ。
同イベントのイベント報酬金、通称イベ金である。
花騎士の中ではかなり珍しい病弱キャラ。他の病弱キャラはシロツメクサぐらいであることから、
そのキャラ性の稀少さはあえて言及するまでもないだろう。
一応、過去に病弱または体が弱かった、という花騎士はいる。(エウカリスとか)
花言葉は「尊敬」、「変わらぬ想い」、「なつかしい関係」、「密かな恋」等
おーぷんにおいては「ジェ○イ」とか「ラ○トセーバー」とかの単語が出て来たら、大体彼女のことを差す。
開花が実装されてからはもっぱら「不○議の国のアリ○」と呼ばれるようになったとかならないとか。
その理由は後述。

性格等

かなり長い間入院していたせいかは分からないが、落ち着いていて、物静かな性格。
趣味は花騎士たちの活躍を噂で聞いたり、記事を記録していたりすること。
これは花騎士になる前からの趣味のようであり、恐らくは長期入院中、
身体も満足に動かせなかった彼女の密かな楽しみ、が今も続いているのだろう。
でも、病弱な割にはスタイルがかなり良い。
しかし、決してインドア派という訳でもなく、それは病気を治してから花騎士になる、という、
ある意味正反対な生活を目指して、且つそれを叶えたことから窺えるだろう。
また癖なのか、それとも完治していないのか、病気が治った今でも咳き込むことが多い。

初登場の台詞から分かる通り、団長(プレイヤー)とは初対面ではなく、以前病院で出会っている。
キャラクタークエストのネタバレになるので詳しくは記さないが、
当時、団長が他の花騎士とのお見舞いに行った際にツユクサと出会い、そこで少し話をしていたようだ。
互いに余程印象的だったのか、彼女はともかくあの忘れっぽい団長ですら当時のことを覚えていた。
そのためか、団長に対してツユクサは控えめではあるがかなり好意的に接してくれる。

元々病弱で、入院中の自らを「籠の中の鳥」とまで揶揄するツユクサが、
病室から見える月にお願いしてまで病気を治そうとしたのか。
そして、そこから花騎士として活躍したい、役に立ちたい、と思うようになったのか?
その全ては過去に彼女が団長との出会ったところから始まる。
気になる人は是非とも彼女と親しくなり、好感度75〜100%時に聞ける会話を聞いてみて欲しい。

さて、そんな病弱キャラを前面に押し出している彼女ではあるが、
その病気も完治(?)したこともあり、今では立派に花騎士として務めている。
しかし、元々病弱だった、という点についてはSDにも活かされており、
それは移動モーションや喜びモーションの一つにて確認できる。

SD集

待機1待機2移動喜び1喜び2
結構SDの種類がある

……が、ツユクサの
凄いところは細かい設定までもSDに活かされていることではない。
立ち絵から何となく想像する団長も多かったようだが、手にした武器が完全に「スター○ォーズ」にて使用される武器、
「ラ○トセーバー」のそれなのである。
それだけであるのならば、元ネタの映画を知っている者たちは「あぁ、病弱だから軽い武器を使うのね」程度に思うだろう。
しかし、そんな獲物を持った彼女が戦場に立つと、多くの者たちが抱いたその感想をふっ飛ばされることとなる。

まず、ツユクサが通常攻撃をする際は、相手に近づき手にした武器を投げることで敵に攻撃する。
この一文だけでまずおかしい。
手にしているのは間違いなく剣状のものであるにも関わらず、彼女はそれを敵に向かって投げるのである。
しかも、弧を描くように綺麗に回転させ、敵を斬り付け、ブーメランのように戻ってきた武器をこれまた綺麗にキャッチする。
これが通常攻撃時の一連の流れなのだが、その姿に病弱の面影は一欠けらもない。
通常攻撃


しかし、もっととんでもないのはスキル発動時の動きである。
今度はちゃんと手にした武器で敵を斬るのだが……その姿を見た者は誰でもこう思っただろう。

「お前のような病人がいるか」と。

武器を構えたまま敵の近づき、斜め上に跳躍したかと思えば、素早い斬撃を繰り出し、宙に浮いたまま回転、
その回転の力を利用して更に敵を斬り刻み、締めには下の敵に向かって大きく一閃して元の位置に戻る。
もう一度言おう。
スキル発動



「お前のような病人がいるか」

文章では中々彼女の凄さが伝わらないであろうから、気になる人は是非とも確認してみて欲しい。
スキル発動時の動きが完全に全盛期のヨー○のそれ。

病気が完治し、花騎士になるほど回復。且つ、世界花の加護があるとはいえ、
それでも彼女は病弱なのだ。にも関わらず、こんな全盛期のヨー○ばりの動きをするとは一体誰が想像できようか。
げに恐ろしきは世界花の加護か、それともフォー○の力か、はたまた恋する乙女のパワーなのか。
そのいずれにしても、春庭故致し方なし、なのかも知れない。
ぶっちゃけツユクサ以上に意味不明な攻撃や動きをする花騎士は沢山いるしね!

そしてついに

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます