ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

疲れてるなら無理しちゃダメですよ。私は団長さんと別れたくないんです。

2016年1月25日にガチャのラインナップに追加された★5斬属性キャラ
花言葉は「感謝」「慰め」「別れの悲しみ」。この花言葉はポピーのキャラクエの重要なキーワードになる。
アイスランドポピーの花言葉が「慰め」というのは、某ギャグ漫画のせいで多くの団長がご存じだろう。
とても温厚な性格で、団長の誘いには迷わずに付いてくる団長love勢である。

容姿

進化前進化後

表情差分

古風な服装と特徴的な髪形の踊り子のような外見の花騎士。
進化前だとわかりづらいが、寝室で見るとおっぱいはかなり大きい。
おっぱいより特徴的なのがむっちむちの尻である。

数ある花騎士のなかでもトップクラスに立派なプリケツである。
ハロウィンボイスによれは、そのプリケツゆえにお尻にいたずらをされまくって、お尻に赤い手形が出来ていたようである。
残念なことに、寝室ではこの尻を生かせていない。好感度咲の寝室に期待である。

性格

性格は温厚で、団長に一途な花騎士だが、団長に置いて行かれることを極端に恐れており、
その言動はどこか団長に依存しているようにも見える。
その原因となった悲しい過去はキャラクエにて明かされる。
ちなみに、「私を置いてイかないで」というのは寝室でも同じである。
あまり話題にはならないが、スズランやラベンダーのようにヤンデレの素質がある花騎士なのかもしれない。

元ネタ

ケシ属の園芸品種の総称である。ポピーには多くの悲しい逸話がある。
ヒナゲシは別名をグビジンソウ(虞美人草)というが、これは古代中国の有名な武将である項羽の愛人、虞美人という女性に由来する。
項羽は四方を囲む敵陣から楚国の歌が聞こえてきたのを聞いて負けを悟った「四面楚歌」の故事で有名で、その際項羽の愛人である虞美人も犠牲になった。
翌年、虞美人の墓の周りには赤いヒナゲシの花が咲いた。人々はこの可憐な花を虞美人の生まれ変わりと信じ、虞美人草と名付けたのだという。
また、欧米でも赤いポピーは戦争の犠牲者の象徴とされ"Remembrance poppy"と呼ばれている。
ポピーの仲間は繁殖力が強く、戦争により荒れ果てた場所で、戦死者の骸の周りにポピーが咲くといわれてきた。
第一次世界大戦中にはジョン・マクレーの書いた、戦死した友人をポピーになぞらえた詩が反響を呼び、赤いポピーが戦没者の象徴として用いられるようになった。
このようにポピーは戦争の悲劇を象徴するような花であり、フラワーナイトガールのストーリーに深みを与えてくれる。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます