ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

開花



概要

ミカン科の常緑低木またはその果実のこと。
甘い柑橘ということから漢字では「蜜柑」と表記される。
古くは「みっかん」と読まれたが、最初の音節が短くなった。
日本では馴染み深い果物であり、冬になれば『炬燵の上にミカン』
という光景が一般家庭に多く見られる。
(wikipediaより一部引用)

効能

ビタミンCの含有量は100g中35mgと豊富に含まれており、
1日3個も食べれぱ、成人の1日必要量を摂取できる。
そのほかにも、ビタミンA(カロチン)、ビタミンP、カリウム、ペクチンなどが含有されている。
皮の内側のすじにはビタミンB、Cが豊富に含まれている。
また皮は、漢方では「陳皮」(チンピ)といって、さまざまな薬に利用されている。
陳皮を細かくきざんだものは、七味とうがらしに、薬味としても使われており、
皮を日に干してよく乾燥させたものなので、気軽に自作も可能だ。
とくにスープやうどん、おかゆの中に陳皮を2、3片いれると香りで味が引き立ち、
食欲増進に役立ち、健康的な生活が保障される。

みかんを毎日食べることでビタミンCの摂取ができ、風邪に対する抵抗力が増し、免疫力を高めてくれる。
寒い時期には積極的に食べるといいだろう。
すっぱさのもとであるクエン酸も、腸を刺激し、活性化させる効果があり便秘にも効果的だ。

みかんに含まれるペクチンがコレステロールを分解し、カリウムが血液を弱アルカリ性に維持するので、
動脈硬化や高血圧の予防に効果がある。

何が言いたいかと言えばみかん食べろ!

種類

  • 温州みかん
みかんと言えばほぼこれ。
甘みと酸味のバランスが良く、どちらも感じられる基本的なみかんの味。
  • 甘平みかん
愛媛県オリジナルの新品種、とにかく糖度が高くて甘く酸味が低い。
水分量も多くてとてもジューシー。
実はゼリー状でプリプリしてて、子どもも食べやすい。
  • 媛まどんな
ヒメマドンナ。紅まどんな(べにまどんな)とも呼ばれる。
こちらも愛媛県のオリジナル品種で比較的新しい。
糖度が高く、甘くて酸味が少なく味は甘平に近いが、
実の弾力がこちらはトロトロしている。
  • はれひめ
みかんとオレンジの交配種。
みかんの甘みとオレンジの香りをミックスした品種。
そのため少し酸味が強め。
食感はオレンジのようにつぶつぶ感がある。
  • 伊予柑
実は大きく皮も厚い。甘みも抑えめで酸味が強い。
ボリュームが欲しいという方は是非。
  • デコポン
甘くて酸味が少なく非常に食べやすい。
水分も控えめなので気づいたら無くなってることも。
特徴的な形をしている。
  • せとか
濃厚な甘さとジューシーさ、みずみずしい果汁とトロトロの食感、
みかんの中でもかなりジュースっぽく食べれる。
  • 福来みかん
古く奈良時代から栽培されていたみかん。風土記にも記述がある。
温州ミカンより小さく酸味も強いが、他のミカンにはない強い香りを持ち、愛好者も多い。
皮を乾燥させ陳皮にして七味唐辛子にすると香りが引き立つ。

オレンジとの違い

オレンジもみかんも、インドの野生のミカンが原種とされているが、
その後中国からアジア方面で広がったのがみかんで、ポルトガルやスペインなど
地中海沿岸に伝わり、 新大陸アメリカへと広がって独特な品種になっていったのがオレンジ。
我々がよく食べているオレンジの多くはバレンシアオレンジとで、
逆にみかんの方は、ほとんどが温州みかんである。
つまり同じかんきつ類で先祖は同じだけど、品種改良された過程が違うから種類も違う
似て非なるもの、それがみかんとオレンジである。

新鮮なみかん狩りができるスポット

  • 茨城県
    • 石岡市鈴木観光果樹園
  • 埼玉県
    • 深谷市農林公園
    • 秩父郡東秩父村大内沢観光みかん園協会
  • 千葉県
    • 市原市房総十字園
    • 南房総市三芳村みかん狩組合
    • 南房総市千倉オレンジセンター
  • 神奈川県
    • 横浜市戸塚区芝口果樹園
    • 横須賀市津久井浜観光農園
    • 小田原市きのこ苑お山のたいしょう
    • 三浦市のみかん園
    • 足柄上郡松田町松田山みかんの里 内藤園
    • 足柄下郡湯河原町湯河原みかん狩り組合
  • 福井県
    • 福井市越前清水農園
    • 敦賀市ミカン狩り園
  • 静岡県
    • 浜松市北区はままつフルーツパーク時之栖

みかんを使った伝統料理

  • 光明寺飯
大分県の国東半島にみられる郷土料理。
エソという魚の皮をむき、包丁の峰で魚をたたいて中骨をとり、
残りの小骨も全部抜き取ったあと、これをすり鉢に入れ塩少々と
干したミカンの皮を加えてよくすり、しょうゆと水少々を加える。
熱いご飯を茶碗に盛り、すり身を好みの量混ぜ合わせて食す。
  • みかんだんご
愛媛県伊方町で作られている。だんごの生地にみかんジュースを練り込み、
生地を鮮やかなみかん色とする。仕上げにきなこをまぶせば完成だ。
また、人参をすりつぶしたものも入れることですっきりとした味わいが出る。
  • みかんもち
新潟県佐渡市の名物料理。よくついたモチに蒸したみかんの皮を
混ぜることで、モチ自体にほどよい酸味を与える。
喜助という店のものが特に有名で、こちらはきれいな朱色がけされている。
  • みかん食パン
愛媛のつきはらというパン屋が考案した食パン。
ペースト状にしたみかんを練り込んで焼き上げる食パンは、
匂いも味もほのかにみかんの雰囲気が感じられる。
非常に人気な商品のため、購入はなかなか困難だとか。
  • みかん炊き込みご飯
神奈川県の県西側で見られる家庭料理。
作り方は研いでおいた米にみかんジュースを
入れるだけ。お好みであさりやしめじなどを放り込む。

ミカンのミカン船伝説

ミカンとタチバナ?と万葉集

ミカンのうた

ちょっと一息



え? 「花騎士のミカンについてが全然分からないじゃん!」って?


このページの追記・編集は永遠に未完です!

このページへのコメント

このみかんに詳しい団長はいったい何者なのか

Posted by 名無しの団長 2016年11月23日(水) 19:16:31

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます