ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

立ち絵

進化前進化後

表情

進化前


進化後

SD

ミツガシワについて

ロータスレイク☆2第1号。実装からまる一年以上経過しても追加が一人も来ていないが。
ラミウムに憧れ踊り子を目指して修行中。一人称は「ミィ」。「Me」ではない。そっちはニワゼキショウの「みー」。
語尾に「みゃ」を付けて話す名古屋弁とは異なる
花騎士としてもそうだが、自分ひとりに乗っかってくる状況になるとすぐおなかがゆんゆんする体質。
寝室でも最初ゆんゆんして団長に心配されている
ラミウムからも技能評価自体は良いようだが、本番になるとゆんゆんしていつも上手くいかないことが悩み。いつか本番慣れした彼女が舞台に立ち観客を魅了する日が来るのだろうか(才華祭ノーブル・グレイスなど、一応お呼ばれはしている様子だが)
ロータスレイク出身者ということもあり、端役ではあるものの輝く卵とエッグハンターなどロータスレイクを部隊とするイベントでは出演率高め。

戦闘時のスキルは「槲ノ揺『白上花ノ舞』」。追加実装されたキャラクターかつこれまで鎖国しており居なかったロータスレイクのキャラクターということで、他☆2〜☆4に同スキルのキャラクターがいない。☆2用のコダイバナの技花も存在しないのでスキルレベルを上げたい時はミツガシワを使うしかなく、意外と根気を要する。
「槲」の字は「かしわ」と読む。通常は「柏」のほうを目にすることのほうが多いだろう。
SDでは喜びや庭園Aで踊りを見せてくれる。攻撃モーションもやや舞うような動きをしており、日頃の練習の成果が伺える。


子供の頃から一緒に居るため、アサザはミツガシワにとって姉のような存在。アサザへの二人称は「アッちゃん」いつものやったげて
アサザの作るえげつない見た目の料理にもすっかり慣れており多少の疑問を抱いても特に驚きもしないが、それでも作ったニワちゃん自ら色がくれいじーと評価するジャムたっぷりすうぃ〜とカレーはかなりとんでもない代物と認識するらしいことが4コマで描かれている。



服装はミツガシワをモチーフに、両足首や進化後は両手首にもミツガシワの葉をイメージした装飾があり、武器の先端は実花の花部分。進化後は花の模様が一面にあしらわれた球体になるため直感的にわかりやすいだろう。また踊り子らしく露出度は花騎士中でもかなり高い。
ところでこの武器はメイスなのか、パドルかバトンなのか、それとも棍棒になるのか、筆者はイマイチ判断に困っている。



実花のミツガシワはミツとつく通り葉が三枚セットになっている。しかし、柏はブナ目ブナ科のドングリの木であるのに対し、ミツガシワはナス目ミツガシワ科の草であり一切関係が無い。これで察するだろうが、この手の動植物の命名によくある「なんか似てるから名前を借りて名付けた」パターンであり、お花のアンリが担当するバイカカラマツ(梅に似た花の、唐松の葉に似た花の植物)やハボタン(葉がボタンの花に見えるから)と近い。
もっと有名なところでは、鱈の漁場に居るからタラバガニという名前で呼ばれるアレはカニではなくヤドカリの仲間というようなパターン。


ミっちゃんのおなかがまたゆんゆんしだす前に追記してあげてください

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます