ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに


「団長さんもふらぁっといなくなって、ふらぁっと帰ってくるよね。へへっ、私とおんなじ」

緊急任務「春めくスカネの古書祭り」にて登場した、☆5打属性キャラ。
同イベントのイベント報酬、所謂イベ金として手に入る花騎士。
放浪癖があり、花騎士として騎士団に所属してもたびたび留守にすることが多いようだ。
大人としてそれはどうなんですかね?
その癖は花騎士になる前からあったようであり、旅先で害虫の被害やそれによって苦しむ人々を少しでも減らしたい、
というのが花騎士になった理由だとか。
本人はその放浪癖を治したいとは思っているが、なかなか難しいとのこと。

初登場時の台詞や好感度の低い時の台詞から分かる様に、
団長(プレイヤー)のことを異性としてかなり意識している模様。
それは台詞の随所にも現れており、他の所謂団長LOVE勢にも負けるとも劣らない恋慕を確認できる。
特に、贈り物を渡した際はそれが好みのものでなくとも(他の女が作ったナズナの手作りケーキですら)
とても好意的な台詞を返してくれる。
その贈り物が好みのものとなれば、渡した側がニヤニヤしてしまうこと請け合いな言葉を以て受け取ってくれる。

しかしながら、何故ラッセリアが団長のことをここまで好意的に思っているのか?
というのは通常では明かされない。例え彼女の好感度を最大近くまで上げたとしても、
自身の思いの丈を受け止めてほしい、といった遠回しな告白だけに終わる。
では彼女のキャラクタークエストで真相は明かされるのか、
と思いきやキャラクエはキャラクエで(途中少しだけしんみりとなるが)団長とイチャつくだけで終わってしまう。
おい、結婚しろよ。
そのラッセリアの好意の理由は何と寝室にて明かされる。一般版のみの団長涙不可避。
想いを募りに募らせた彼女の告白は必見&必聴である。

恋する花騎士、ラッセリア。そんな彼女の初登場時から目を惹くのが、
大きく形の良いおっぱい呪文の書かれたベルトのようなもので幾重にも縛っている魔導書である。
でかい、かなりでかい。立ち絵だけでなくSDでも分かるぐらいに揺れるおっぱいも含めて大きいのだ。
が、彼女はそれを片手で持ち上げたり、攻撃時には敵の真上に投げたりなど、
かなり扱いは雑ながら軽々と使いこなして見せている。
ラッセリアの腕力が尋常ではないのか、何らかの理由で魔導書が見た目よりも軽いのか。
気になるところである。

そして、まるで封印されているかのようなその魔導書は彼女のスキル発動によって、その真価が発揮される。
幾重にも縛っているベルトを解き放ち、開かれた魔導書から放たれた紫色の炎と呪文。
それに呼応するように魔法陣が敵の下に敷かれ、そこから放たれる謎の鉄拳。
一体何が封印されているのか、謎は深まるばかりである。

まあ、それよりもスキル発動時にバインバイン揺れる彼女のおっぱいに目がいくんですけどね!!

花言葉は「旅立つのは今」、「旅立ち」

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます