ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに


緊急任務「取り戻すべき平穏」にて登場した☆5魔属性のキャラクター。
ガチャへの追加は2015/5/1。繁華祭フォスフォレシア(第一回人気投票)の時に実装となった。
太陽に愛された心優しき医者の花騎士。所属国家はリリィウッドだが、心はバナナオーシャン(納得)。

容姿

太陽に愛された私がキミを支えよう
進化前進化後

俺は太陽の子!
というわけではないが、太陽に愛された一族の生まれで元々はバナナオーシャンの生まれ。
のわりにはリリィウッドの象徴である「百合」の花を意識したような服装になっているという謎。
(リューココリーネは以前はユリ科と分類されたが今の分類では「ヒガンバナ」科だとされている)

リューココリーネには様々な系統があるが、お花のリューココリーネは色の淡い「ディオーネ」あるいは「ファンタジー」と呼ばれる系統のようだ。
髪色、服装ともに淡い美しい紫色をしており優しい光をイメージさせる。

進化後はスカートがぶわっと上がり、これまた淡いパープルの薄い布が顕になる。
露出がかなり多いが「プリキュアのように見える」という意見が多数あげられている。もしこんな姿で日曜朝に出ようものならPTAが「ザケンナー!」となり東映が「ゴメンナー!」となるのは間違いないだろう。

またすっぴんの花騎士が多い中で珍しく明確にメイクアップをしており、青いアイシャドーが塗られている。
しかし決して厚化粧ではなく、彼女の神秘的で妖艶な魅力を最大限に生かしていると言えよう。
開花

2016/11/07 メンテナンスにてレッドジンジャー・レッドチューリップ・サンダーソニアと共に開花が実装された。
色んな意味(性能的な意味でも寝室的な意味でも)でまと望まれたリューココリーネの開花は着込んでいるように見えて肝心な所が自己主張しすぎである。
スカートが翻っているわけでもないのにパンツが見え、胸は進化後より更に強調されしかも心なしかサイズが増量されているように見える。進化後に露出するキャラの開花は着込む風潮があったのだが、清々しくも無視。

手に持つロッドは進化前→進化後で多少展開されていたが開花にて完全に花開いた。
リューココリーネの由来はギリシア語で「白い棍棒」で進化前のロッドはまさしく棍棒といった形だが、完全に棍棒の形ではなくなってしまった。
 表情差分

進化前

進化後

開花

 SD
待機移動喜び

性格

「君がいつも背筋を伸ばして笑ってくれれば満足なんだ。いつもそこにある、太陽のように、当たり前に接していたいだけだよ」
花庭に数人居る医者の内の一人。
しかし、チューリップ姉妹やナンテンのような医者とは違い薬を作ったり手術をしてメスを取り扱ったりしているような類の医者ではない。
彼女の施術は手技療法、つまりはマッサージである。それも「壊れた体」に対して行うようなものではなく(もちろん壊れた身体も治療するが)「壊れない身体」を作るためのもの。
普段から行えるような柔軟体操などによる健康療法が彼女の専門だ。

彼女の技術は本来貧しい国々で発展し広まった、予防をすることでそもそも病気にかからない健康的な体つくりを促すもの。
その健康法には「太陽の光」がとても重要で、そのためかリューココリーネの一族は自然を尊重し世界花への信仰がとても厚かったのだという。
それが当時の王様に気に入られなかったらしく彼女の一族はリリィウッドへ移り住むことになった。リューココリーネは所属はリリィだが気持ちは祖国のものらしい。
(リューココリーネの言う「国」や「王」は全てバナナオーシャンを指している、やはりバナナは闇が深い)

リューココリーネの別名は「グローリーオブザサン」、太陽の栄光。
バナナオーシャンに「簒奪者」の汚名を着せられてもなおリューコが祖国を想うのは、さんさんと太陽の照るバナナだからこそである。
「太陽は誰でも照らしてくれる、すごい奴なんだよ」

寝室

戦闘

手に持った棍棒のような杖を使って戦闘、移動する。
自然と縁深いからだろうか、彼女が杖を地面に刺すと害虫の真下の地面から木が突き出して攻撃となる。

スキルは杖に太陽の光を強く宿らせていつもより力を込めて地面を突くことで大木を出現させる「超自然学術・大地の牙」

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます