ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに


※ここではフラワーナイトガールに実装されたリュウゼツランについてのみを扱います。


小説「フラワーナイトガール -リュウゼツランの咲く夜に-」に付属している特典シリアルコードで入手可能な☆5突属性キャラ。
正妻感がとても強くてしっかり者で団長を補佐する花騎士。所属国家はブロッサムヒル。

容姿

進化前進化後
金髪ロングの巨乳な少女、癖のない王道なヒロインタイプのデサイン。ぱっと目につくのは頭のリボンだろうか。
武器がどう見ても斬属性のソレであり、ダブルセイバーめいている。しかしこれは弓であり、しっかりと電撃の矢を飛ばして攻撃する。
リュウゼツランの葉はとても長く鋭いのでそれをイメージしたのだろう。
絵師によると最初のデザインはもう少しその葉を意識したデザインだったらしい。
 リュウゼツラン(プロトタイプ)
小説1巻のあとがきページ(最後のページ)にて記載、買って見てみよう!
最初にデザインされたリュウゼツランのボツ案。言うならば「リュウゼツラン(プロトタイプ)」。
リュウゼツランの葉を意識し、リボンと違って尖った変わった帽子を被っている。
露出度が非常に少なく、黒のタイツかウェアを着て装飾も中々多い。
かなり優雅でエキゾチックな雰囲気であり、今の王道なリュウゼツランと甲乙がつけがたい。
確かに、リュウゼツランの天真爛漫なイメージとかなり違っているのでボツとなったのも納得。
ただ胸下くびれの部分や弓のデザインは今のリュウゼツランのデザインに繋がるものを感じさせる。
開花でこのボツ案が拾われる可能性もあるかも知れない。
 
進化前進化後
特筆すべきはその胸囲である。パープルパンジー曰くその胸はカトレアさえも上回りかねないビッグサイズ。ゼラニウム、キヌタソウ、バルーンバイン等の爆乳勢にも引けを取らないのは間違いないだろう。
彼女の好物は「牛乳」であり、その栄養が全て胸にいったのだろうか。ブロッサムヒルにはあのお方がいるわけだが、鉢合わせでもしないか気が気でない。
ボイス面でもその胸による肩こりなどの話が多く語られている。
 表情差分

進化前

進化後

団長との関係

とある世界線から受信した電波によると団長とは幼馴染らしい。
リュウゼツラン「数ある騎士団の中から、まさか貴方のところに来られるなんて。本当に、夢のようだわ……」
というセリフからどうやらこのフラワーナイトガールの世界でもリュウゼツランは団長の幼馴染で間違いはなさそうだ。
そういうことで好感度0のときから既にかなりのLOVE勢。

性格

花言葉の一つは「気高い貴婦人」。
その言葉の通りぶっ飛んだキャラの多い花騎士の中では礼儀正しく至極真っ当なヒロイン。
「ふふふっ、ショータイムよ。お覚悟は宜しくて?」「さあ、追い詰めたわよ。お覚悟を決めなさい!」等どこかの日曜朝の変身ヒロインのような言葉を放つ。(淫獣呼ばなきゃ……
統率能力も高く団長が不在、または指揮が取れない場合でも的確な指示を飛ばすことが出来ている。あれ?団長要らないんじゃね?

花言葉は他には「冒険」「心を鎮める」があるが最後の一つは図鑑の自己紹介欄では伏せられており、その最後の花言葉は寝室を見れば知ることが出来る。


最後の花言葉

団長様が赤ちゃん(※キャラクエネタバレ注意

過去のリュウゼツラン

※別の世界線での話であり、このお花の世界でもそうであるとは限らないのであしからず

実はこのリュウゼツラン、幼少の頃は今のような女の子らしい性格ではなくヤンチャな子供だったらしい。
髪はショートで武器は棍棒、外を元気に走り回っていた活発な子供で団長はそれに付き合って一緒になって峠を攻め山の中を競争していた。
なんと、一人称は「ボク」

もし、そのままの性格のまま花騎士になっていたらボクっ子で巨乳の打属性の花騎士になっていたのかもしれない……。

なにそれ超見たい!!!
タグ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます