ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

概要

ガチャたまには赤にも出番を回すべきですぞ
光華祭総合上位3名を除いた☆4以下のキャラでレアリティ毎ランキング一位を獲得したキャラの☆5昇格バージョンの実装

追加/助っ人キャラ

イフェイオンホシクジャク

☆2キャラクター1位(シクラメン除外により繰り上げ) ミント(成長する美徳)
☆3キャラクター1位 アカバナスイレン(成長する陰謀)
☆4キャラクター1位 ワレモコウ(成長する軍師)

元バージョン→ミントアカバナスイレンワレモコウ

ストーリー

花騎士達に一風変わった任務が言い渡された。その内容は「自叙伝を書くこと」。
後輩となる騎士学校生が読む課題図書として、現役花騎士の活動や考えに触れさせるためだという。
並行して出された古本市の警備任務のためスカネに来たミント、アカバナスイレン、ワレモコウは、与えられたこの任務を全うするため、それぞれに手に入れた謎の白紙の本に自身の経験を綴る。
その3人からなぜか力が溢れ出してしまい、最初に発覚したミントとワレモコウに至っては警備任務中に地面を大きく抉るほどの攻撃がうっかり出てしまい、彼女らの寝不足を見越して団長が要請した増援のイフェイオンとホシクジャク。同じく警備任務で来ているアカバナスイレンの食器破壊が可愛く見える
自叙伝を書く他の花騎士は何とも無いことから、行商人から買ったこの「白紙の本」が原因なのはわかったが、行商人も拾っただけの藻のだったらしく力の由来は結局不明。
四苦八苦する3人の裏で、イフェイオンは一人こっそりと団長に話しかける。
「あなたを――――殺すために、ここに来た」
我らが団長の答えは・・・沈黙。他の4人にイフェイオンの目的は言わず、イフェイオンに対しても何も言わない。
イフェイオンはひとまず何のつもりで黙っているのか、真意を聞くまでは保留にしておくとして、警備を再開。

死んだ両親の仇を討ちに来たというイフェイオン。そのことは知らずとも復讐者の目をしている彼女を説得しようとしたミントは自叙伝を読んでもらうが、イフェイオンの*決意は固かった。
しかし、何度も襲ってくる害虫を撃退した時に巻き込まれた白紙の本が喪われたことで大きすぎる力を無くして安心する3人の一日の様子や自叙伝を見ているうちイフェイオンはひとつの事実に気が付いた。
「復讐に生きてきたし、卑劣な手段もたくさん使った。復讐を諦めたわけでもない。だけど―――」
「団長、あなたは多くの花騎士から愛されてる。あなたを殺したら、私のお母さんとお父さんを殺した害虫と同じ。」

「だから、あなたのことをもっと知って、殺してもいいと納得できるまではあなたに手を出さない。あなたを待つ人に、同じ思いはさせたくないから。」
そしてイベガチャで引いた瞬間寝室に連れ込まれて即落ち2コマすることになる

余談

ちょうどブロッサムヒルで開かれる古本市→春めくスカネの古書祭り

今回の元病人枠:ホシクジャク
ホシくんの弱点担当:ポーチュラカ

イベント限定BSは本の形。
級が上がるとインクが追加され、羽根ペンが出て文章が書かれる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます