ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

ここではシナリオで名前だけは登場しているが、ゲームキャラとして未登場、未実装となっている人物を記載する。
※花騎士以外のキャラについて
キャラ自身が登場したり、明確な出番が確認できたら実装済みの一覧に移動をお願いします。

名前のみ登場

エリンギ

エリンジウムの幼馴染の花騎士。同キャラククエより。こっちはキノコであっちは花である。
名前が似てる理由は、エリンギは、エリンジウムの枯死した根に寄生することからその名がついたからだという。

オイランソウ

ナイトフロックスのホーム会話より。
放っておけないらしい。

オレンジ

ミカンの姉。名前からしてオレンジ隊の隊長かもしれないが詳細不明。エピコレでもアカシアと打ち合わせしている様子が描かれていた。
オレンジアームズ!花道オンステージ!

カエデ

モミジの実姉。メイゲツカエデをかばって殉職したとされる。
ほぼ故人であることが確定しているので、今後登場する可能性は低い。
ちなみにメイゲツカエデにも妹がいるがそちらの名は現時点で不明。

ケンザン

過去の人物(具体的な年代は不明)。性別さえも未だに不明。キャラクターコレクションの用語集で「彼」と表現されているため、男性と思われる。
ベルガモットバレーの天才発明家。今でもウカガミの谷の奥に彼?の屋敷が残っている。
イベントストーリーで彼?の成果物に触れられる機会は意外と多く、
謎のタケノコが実はケンザン作の対害虫用兵器だったり(十五夜の冒険)、
ガバガバ設計だったクジラ艇の構想をリメイクして実戦レベルのものに仕上げたり(くじらが空を泳いだ日)と、
なかなかにオーパーツじみた活躍を見せている。

コオニタビラコ

ナズナの旧友、七草乙女団メンバー。いわゆる春の七草チーム。
なおゴギョウセリハコベラは2017年1月のイベントで登場済。
次いでスズシロが2017年10月に、スズナが11月に登場したため、彼女が最後の七草乙女団になる。

コオニタビラコと聞くとあまり馴染みがないと思われるが、いわゆるホトケノザのことである。
こちらの名が採用されているのは、全くの同名別種が存在するためか、「ホトケ」という名が宗教的に問題があるためか。

タラゴン

アグロステンマゴンちゃんさまと度々言及している。
リリィウッドの元老院所属の花騎士の模様

フォス

千年前の人物。
最初の花騎士と言われる人。小説では団長はフォスの末裔であるとも言われている。
スプリングガーデンでは英雄視されているようで、イベントストーリーでは彼女にちなんだ祭りである
「繁華祭フォスフォレシア」「フォスの大狩猟祭」が開催されている。

…しかし千年前の人物ということもありいまだ詳細は不明。
今後の展開に期待したいところ。

眠り姫

水影の魔力の元とされている人物のこと。
彼女が率先して協力しているのか、(眠りという意味で)利用されているのかは未だ不明。
なお、眠り姫という花はウインターグラジオラスの別名で、実際に存在する。

かつて未実装だったキャラ

カタバミの寝室で名前だけ登場していた。
カタバミがおっぱいおっぱいうるさいのでさぞかしおっぱいなのだろうと言われており、実際おっぱいだった。
生放送でその存在が示唆されているにも関わらず、実装に1年くらい時間がかかった。
その頃の情勢を知ってる団長にとっては「あのシスター実装まだ?」という言葉が流行語だった。
性格?自分で引くかここのキャラ項目を見りゃいいと思うよ。
ローズマリーの月見ボイスにて名前だけ登場。
口ぶりから察するに相当なロマンチストと思われていたが、いざ実装されてみればある意味で豪快な人物だった。
エキナセアのセリフにて名前だけが出ていた。
貴族らしくない貴族だの危なっかしいだの言われていたが、いざ実装されてみればまあ気の良いお姉さんだった。
……カレーが好き過ぎることを除いて。
エニシダのセリフにて名前のみ登場。
彼女の口ぶりから察するに大人しめのキャラと思われており、まあ実際にそんなキャラであった。(恐ろしい顔で鎌振り回すけど)
エニシダのセリフにて名前のみ登場。
特に姿への言及は無かったが、妖精のような姿の花騎士だった。
イオノシジウムのセリフにて名前のみ登場。
自分より怠け者と言われていたが、いざ実装されてみれば予想を遥かに超えるグータラ娘だった。
先に実装された部隊メンバーの台詞に登場していた。
全員の台詞から察するに「めちゃくちゃ強くて人も良くクセのある人物達を纏め上げるのが上手いが、すぐどっかに消えたりする何を考えているかわからない」人物との事。
……実装後の彼女を見る限り、実に的確である。
ギンリョウソウのセリフにて名前のみ登場。
自分を助けてくれたらしい。後に実装されるが、絵師が同じなこともあり見た目の雰囲気はそっくりである。(性格は真反対だが)
モミジスズランノキのセリフにて名前のみ登場。
危なっかしい妹分との事だが、実際に危なっかしいというか危ないこと大好きなスリルジャンキーだった。
ガザニアがキマシタワーを立ててた相手。青い悪魔の通り名を持つ海賊らしい。
後にメンバーと一緒に実装。実に海賊らしい豪快な姉貴分であった。
ガザニアのセリフにて名前のみ登場。姿や性格などに関しての言及は無かった。
いざ実装されてみれば、なんというか下っ端喋りが似合うキャラであった。
ガザニアのセリフにて名前のみ登場。こちらも姿や性格などに関しての言及は無かった。
実際に登場すると「天然怪力独占系ロリ」という予想の斜め上をぶっ飛ぶ人物であった。
ナンテンのセリフにて名前のみ登場。怪我が多いらしい。
すぐ後のイベにて実装された。かなりポジティブだが泣き虫という少し変わった人物。
ラナンキュラスのセリフにて名前のみ登場。ラナン曰く自分が育て、自分よりうるさいとの事。
……あのラナンの友人なのでまあそうなんだろうなぁと思われていたが、うん、まあ、予想以上にそうだった。
ワタチョロギのボイスにて名前のみ登場。一番の親友だとか。
「なのです」とどこぞの駆逐艦か祟り神か戦乙女型ロボみたいな語尾のロリであった。
ワタチョロギのボイスにて名前のみ登場。よくモフりにくるらしい。
ぼーっと気の抜けたような性格の、呑気な人物であった。
チョコレートコスモス(水着)のハロウィンボイスで名前が出た。背が低いらしい。
チョコレートコスモスのことを「チョコ姉」と呼んで慕っている。子供と呼ばれたくないお年頃。
2016年8月のニコ生で発表された騎士。
同時期に発表された花騎士が実装されていく中で、この騎士だけは長い間未実装の状態が続いていた。
そのため、同年の年末頃からイベント開始のたびに「またザクロは来なかったよ……」という会話が団長たちの間で交わされるのが恒例となっていた。
ザクロというのも、見た目がそっくりなだけで正式名なのかは不明であった。
見た目はあまりつり目ではないルピナスといったかんじ。別作品であるが、天元突破グレンラガンのヨーコにも似ている。
ビジュアル発表後の実に半年後となる2017年2月のイベント、「水鏡の境界の先へ」にてやっと実装された。
ウメに究極カレーの作り方を教えた人物。実装されてみれば究極の名に恥じないカレーを次々生み出す凄腕のシェフであった。
またフラワーナイトとしては初の俺っ娘であり、自覚のある中二病患者であった。
カルセオラリアとタッグを組んでいる。こちらは役者である。
王子役なのでそういう見た目なのだろうと思われたが、実装されてみればやはり姿も声も男前であった。胸はでかいけど。
ヨウラクボタンの妹。
ぽわぽわした姉と比較して真面目で厳しい人物。だが、一度スイッチが入ると別人レベルでデレる重度のシスコンであった。
カキツバタの部下。つまりロータスレイク騎士団所属。
小さくてマイペースだがとても強いらしい。実際、小さくてマイペース…つまりロリであった。やったぜ。
ロータス出身者のリムナンテスが名前を出していたため彼女も同じ出身地と思われていたが、ブロッサムヒル出身であった。
熱血なボクっ娘。あと絵師が絵師なので見た目が物凄くサフランにそっくり。
七草乙女団のメンバー。既存メンバーから特に言及はなかった。
個性がないと謙遜しているが、割とキャラの濃い七草乙女団メンバーでも指折りの存在感を引っさげてきた。
緊急任務 魔女の友達のおかしな夜に名前だけ登場。ニゲラブルーエルフィン、そしてエニシダと顔見知りの模様。
ブルーエルフィン曰く「黒くて嫌なやつ」だそうな。別に時間圧縮とかはしない。超シスコンの兄を持つブラコンでもない。
確かに全体的に黒い風貌で性格も食えないものだったが、その実はとってもいい娘であった。お花ではよくあること
バイカモの先輩。
はははーと笑い一緒にいると楽しくおじさん臭いのが玉に瑕らしいとのことだが、概ねそのとおりだった。
ただ笑い方は間違ってもはははーではないがバイカモちゃんどういうことかな?
七草乙女団のメンバー。スズシロのセリフから姉であることは判明していた。
絵師は違えど雰囲気は似ているほか、予想通り?カブの姿のオトモを連れていたが、身体的特徴の一部分が妹より慎ましやかであった。
トリトニア調査隊の最古参。船大工を務めている。
また、ロータスレイクの伝説上の眠り姫(緊急任務 祀られる花の眠り姫参照)に仕える司聖官も務めている。
実装してみれば……もうのっけからアウト全開な変態淑女だった。
カレンデュラの姉。昔に別れており、現在カレンデュラはどこにいるか探している。
ひょいぱくさんのことではない。
彼女自身も妹を探している様子だったが、登場イベントではカレンデュラは姿形もなかった…
ハナイに崇拝されている。
ロータスレイクの子どもたちにとって憧れの人物らしい。
確かに同じようなレッドジンジャーに風貌も似ている。

アヤメ

カキツバタの双子の妹。こちらも花騎士だが最近会ってないそうだ。ヒツジグサに仕えている。
姉とは真逆で、ヤレヤレ系な性格だった。好物は同じ魚(4コマより)だが、生と焼きで微妙に好みが異なる。
ハスと共に、ロータスレイクの水上都市を治めている。
同じ女王として、ハスのことをライバル視している。
イベント「雨上がりの輝石と奇跡」にて実装。
サツキをさっちゃんと呼ぶことは判明していたが、実装されてみるとイベント内だけでもサツキだけでなくハナミズキをハーミーちゃんと呼ぶデース娘であった。
緊急任務「ひと夏の海の調査記録」に名前のみ登場。
クコフェンネルクレソンの所属するトリトニア調査隊の隊長。
副隊長のフェンネルによると自分よりも強く、憧れの存在であり、
クコとクレソンによると心配性であるそうだ。
いざ実装されると世話焼きお姉ちゃんだった。あと絵師の画風故か某中国の艦船擬人化ゲーのドイツ逐艦に見える
ニチニチソウの幼馴染。ビンカとはニチニチソウの別名だが、本作では別の人物扱いのようだ。
学名Vincaはツルニチニチソウ属のことなので、ビンカはツルニチニチソウを指しているのかもしれない。
ニチニチソウ同様ロータスレイクへの憧れが強く、誰が一番に行けるか競っていたらしい。
ニチニチソウと同じくうっかり屋、そして奇妙なおまじないダンスで高い庭園性能を誇る。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます