ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

ここではシナリオで名前だけは登場しているが、ゲームキャラとして未登場、未実装となっている人物を記載する。
※花騎士以外のキャラについて
キャラ自身が登場したり、明確な出番が確認できたら実装済みの一覧に移動をお願いします。

名前のみ登場

エダ

リリィウッドの賢人。
1000年前の害虫出現前後の時代リリィウッドに助言・協力していた。
現在のリリィウッドには彼と彼の功績を記念した祭壇や彼の名を冠する森林区が残る。

エリンギ

エリンジウムの幼馴染の花騎士。同キャラククエより。こっちはキノコであっちは花である。
名前が似てる理由は、エリンギは、エリンジウムの枯死した根に寄生することからその名がついたからだという。

オイランソウ

ナイトフロックスのホーム会話より。
放っておけないらしい。
オイランソウとはナイトじゃないフロックスのことなので、この関係性はおそらくそこから。

オレンジ

ミカンの姉。名前からしてオレンジ隊の隊長かもしれないが詳細不明。エピコレでもアカシアと打ち合わせしている様子が描かれていた。
オレンジアームズ!花道オンステージ!

カエデ

モミジの実姉。メイゲツカエデをかばって殉職したとされる。
ほぼ故人であることが確定しているので、今後登場する可能性は低い。
ちなみにメイゲツカエデにも妹がいるがそちらの名は現時点で不明。

キルク

バナナオーシャンのバナナ賢人。
魔女と呼ばれ、自分の遺すした遺跡にダイナミックな仕掛けをほどこしてある。
ウィンターローズのダインと交流があり、共通する暗号のような文字を使っていたがウィンターローズの資料とワレモコウヒマワリを中心とする解読班の尽力により古代バナナオーシャンの小国家のひとつグローリーサンで使われていた文字であることと書かれた内容が判明した。
そして、メインストーリー40章まで、十五夜の冒険真夏にきらめく一滴の想いクジラが空を泳いだ日とさんざん尺を使って完成したクジラ艇の根本的な発案者である。
古代害虫や太陽の剣の情報も彼女の遺跡から得たため、現在プレイヤー的賢人MVPなのは間違いない。

ケンザン

過去の人物(具体的な年代は不明)。性別さえも未だに不明。キャラクターコレクションの用語集で「彼」と表現されているため、男性と思われる。
ベルガモットバレーの天才発明家。今でもウカガミの谷の奥に彼?の屋敷が残っている。
イベントストーリーで彼?の成果物に触れられる機会は意外と多く、
謎のタケノコが実はケンザン作の対害虫用兵器だったり(十五夜の冒険)、
ガバガバ設計だったクジラ艇の構想をリメイクして実戦レベルのものに仕上げたり(くじらが空を泳いだ日)と、
なかなかにオーパーツじみた活躍を見せている。

コオニタビラコ

ナズナの旧友、七草乙女団メンバー。いわゆる春の七草チーム。
なおゴギョウセリハコベラは2017年1月のイベントで登場済。
次いでスズシロが2017年10月に、スズナが11月に登場したため、彼女が最後の七草乙女団になる。

コオニタビラコと聞くとあまり馴染みがないと思われるが、いわゆるホトケノザのことである。
こちらの名が採用されているのは、全くの同名別種が存在するためか、「ホトケ」という名が宗教的に問題があるためか。

スグリ

グーズベリーの妹で、サーカス団「シルクロ・リベス」座長。
「リベス」はスグリとグーズベリー(セイヨウスグリ)を含むスグリ科スグリ属の学名であるため、座長は代々彼女らの家系が務めているのかもしれない。

ダイン

1000年前ウィンターローズに協力していた賢人。
遺跡は凍りついて入り口からは入れないが、デージーが老朽化によってできた亀裂という裏口が発見された。
キルクと交流していたため、ウィンターローズにも関わらずグローリーサンの文字を使った痕跡がある。
ナイドホグル封印にも使用した、光水晶の楔の元になる害虫封印実験を監獄島で行った人物でもある。
上アンプルゥ確保のための体内突撃ができるよう拘束する手段をくれた人物であるため、プレイヤー的MVP2位か。1位じゃないかって?クジラ艇無いと突撃もできないし・・・

タカサゴユリ

テッポウユリとウリ・・・ならぬユリ二つな花騎士。
実花もそっくりというだけあり、テッポウユリ同様まに族での実装が期待されている。

タラゴン

アグロステンマゴンちゃんさまと度々言及している。
リリィウッドの元老院所属の花騎士の模様

ドラセナ姉妹

サンデリアーナの姉。
長女ドラセナと次女マジナータ、そして末妹サンデリアーナの三姉妹である。
しかし、どっかの似てない双子なんかのように、ドラセナは属全体の名前のため実装前なのにもうめちゃくちゃ。
さらにサンデリアーナの学名は厳密にはサンデリアーナではなくブラウニーというオマケ付き。

バイカソウ・フウロソウ

ミズアオイが「司聖官なのでお友達のそれっぽい人」たち。
ミズアオイのセリフから、カガミとフウロソウは正規の司聖官、トウカとバイカソウは見習いという形でひとくくりのようだ。
ちなみにフウロソウの学名はgeranium。紅いおっぱいお化けのほうは園芸業界で慣用的に使われる俗称である。

バジル・マジョラム

ワイルドマジョラムことオレガノから言及された。
他にも料理ハーブつながり(特に彼女ら3人に共通する「シソ科」)の花騎士が居る可能性あり。
ちなみに、このマジョラムは単にマジョラムと呼ぶことが多いがオレガノや他の近縁種との区別のため「スイートマジョラム」とも呼ばれる。

ヒヤシンス

ブプレウルムの恩人で債権者。
移動カジノ「パルファン・ノッテ」のオーナーでもある。

フォス

千年前の人物。
最初の花騎士と言われる人。小説では団長はフォスの末裔であるとも言われている。
スプリングガーデンでは英雄視されているようで、イベントストーリーでは彼女にちなんだ祭りである
「繁華祭フォスフォレシア」「フォスの大狩猟祭」が開催されている。

…しかし千年前の人物ということもありいまだ詳細は不明。
今後の展開に期待したいところ。
お花見、様子見、一休み!にて七人の賢人の一人であると明言されている。

フェリア

ブロッサムヒルの賢人フォスとは別に協力していたと伝えられる魔女。
ブロッサムヒル中心街から南西に広がる年中色とりどりの花を咲かせる草木に覆われた「フェリアの花園」の構築き携わったとも。

プラタナス

ウルシの悪影響源。
どうやらマッドサイエンティストなだけあって感覚がおかしいようで、ウルシが突然脱ごうとしたのも彼女の影響らしいとか。

眠り姫

水影の魔力の元とされている人物のこと。
彼女が率先して協力しているのか、(眠りという意味で)利用されているのかは未だ不明。
なお、眠り姫という花はウインターグラジオラスの別名で、実際に存在する。

小隊長

アキレアニリンソウが所属した部隊の隊長でちくわの本来の飼い主。
ルドベキアがアキレアに救助された際の害虫出現事件で命を落とした。
しかし死ぬ前に監獄島の封印について調べあげ、まとめたメモまで残すたくましい実力者だったようだ。

ブロッサムヒル女王

メインストーリーの最初に出たっきり、まず出てこない人。身近に居るくせに判明している項目のほうが少ない謎の人物。
他にメインストーリーで名前が出てきても「こういう命令で今どこどこにいます」という導入で既に国家を移動した後であることが多く、口調の一つもわかっていない。

オナモミの姉妹

オナモミ王女の姉妹たち。つまりリリィウッドの王族。
オオオナモミなど近縁種とみられる。花騎士かどうか不明。

ハスパパ

ハス様のお父上であり、ハス様にすごい数の手紙を送ってくる。
そのほとんどは縁談のためのもので、ハス様を結婚させるためあれやこれやと案外せこい手を使う。

かつて未実装だったキャラ

ハナイに崇拝されている。
ロータスレイクの子どもたちにとって憧れの人物らしい。
確かに同じようなレッドジンジャーに風貌も似ている。
カキツバタの双子の妹。こちらも花騎士だが最近会ってないそうだ。ヒツジグサに仕えている。
姉とは真逆で、ヤレヤレ系な性格だった。好物は同じ魚(4コマより)だが、生と焼きで微妙に好みが異なる。
アホの子ブンブンことハイビスカスのライバルで憧れはレッドジンジャー
可愛いは正義
お歌こと「ガールズシンフォニー〜少女交響詩〜」の看板キャラクターとしてオンシジュームと交換する形で実装されたコラボキャラクター。
コラボキャラということで最初は当然、よくある「あっちのプレイヤーレベル20〜30ぐらい到達報酬で配布します」という形にしていたが、ゆあげらしく絆水晶交換所に常設で放り込んでしまった。
お歌の世界ハルモニアと違い世界花の加護の力によるものではあるが、事実上お歌のアンリと同じ「音精(ニュムパ)」として具現化した「バスクラリネットの化身」のようだ。
ニコ生でかんなぎれい氏(はろにゃーことナイトメア(カタクリ)と同じ絵師)によるラフ画が公開されて以降いつまでも実装されなかったため、ベロニカとザクロに次ぐ実装されないキャラクターの座に君臨していた子。
実装の少し前に作業段階の進んだ画像が再度紹介された際「もうじき実装」というフキダシが添えてあったため「もうじきちゃん」という名前で定着した。
未実装期間が長すぎたため、現在でも名前を覚えられないでち公には「イキシア」と言っても「誰でちっけ?」「もうじきちゃんでち」という会話になるほどもうじきちゃんで定着してしまった覚えてあげてください
ウメに究極カレーの作り方を教えた人物。実装されてみれば究極の名に恥じないカレーを次々生み出す凄腕のシェフであった。
またフラワーナイトとしては初の俺っ娘であり、自覚のある中二病患者であった。
イオノシジウムのセリフにて名前のみ登場。
自分より怠け者と言われていたが、いざ実装されてみれば予想を遥かに超えるグータラ娘だった。
カタバミの妹。
カタバミをお兄ちゃんと呼んでは怒られるが治らない。
手に持っている蕾と同じ紅白らせん模様の入った傘でふわふわ浮いてみたり、べしべし殴ってエネルギー弾を撃ったり性格のおっとりした割になかなかアクティブに動ける子。
待機ポーズでお兄ちゃんの真似をしたり、名前が名前だけに置き去りスにされたり動きが賑やか詫び11連はよ
チョコレートコスモス(水着)のハロウィンボイスで名前が出た。背が低いらしい。
チョコレートコスモスのことを「チョコ姉」と呼んで慕っている。子供と呼ばれたくないお年頃。
イベント「雨上がりの輝石と奇跡」にて実装。
サツキをさっちゃんと呼ぶことは判明していたが、実装されてみるとイベント内だけでもサツキだけでなくハナミズキをハーミーちゃんと呼ぶデース娘であった。
サクラさんに対するアイビーのようにウメテンテーの弟子枠で登場した。
しかし、3人がかなり初期のうちのキャラであるため実装時点でカンヒザクラの設定は無かったのか、特に言及されていない。
ワルナスビに弟子入りしようと付きまといラークスパーに拒否られる狐っ子。
この狐耳と尻尾は生えているようなのでヒガンバナタイプかブプレウルムタイプ。
カレンデュラの姉。昔に別れており、現在カレンデュラはどこにいるか探している。
ひょいぱくさんのことではない。
彼女自身も妹を探している様子だったが、登場イベントではカレンデュラは姿形もなかった…そのくせボートレースにはカレンデュラ登場イベのメンバー全員とキンセンカというレースがあったりする
ベジータ的エリートさん。
デルフィニウムラナンキュラスの同期らしい。
数居るお花毒草部隊キンポウゲ組の首領ということになるが、誰がキンポウゲ科かは個別記事参照のこと。
ワタチョロギのボイスにて名前のみ登場。一番の親友だとか。
「なのです」とどこぞの駆逐艦か祟り神か戦乙女型ロボみたいな語尾のロリであった。
カタバミの寝室で名前だけ登場していた。
カタバミがおっぱいおっぱいうるさいのでさぞかしおっぱいなのだろうと言われており、実際おっぱいだった。
お花ヤンデレ界に突如としてシスコンを引っさげて追加されたキャラクター。
シロツメクサの妹で何かとシロツメクサの話ばかりする。団長の話で口を開いたと思えば「他の女に関わるな」というなかなかの子。しかしどこかリリオペ的ぽんこつ臭を感じる
ヨウラクボタンの妹。
ぽわぽわした姉と比較して真面目で厳しい人物。だが、一度スイッチが入ると別人レベルでデレる重度のシスコンであった。
スマホアプリ版リリース記念の事前登録人数達成報酬として実装されたサボり魔。
さっそくメインストーリー第2部に登場し、シュウ様の命で団長に同行させられている。
2016年8月のニコ生で発表された騎士。
同時期に発表された花騎士が実装されていく中で、この騎士だけは長い間未実装の状態が続いていた。
そのため、同年の年末頃からイベント開始のたびに「またザクロは来なかったよ……」という会話が団長たちの間で交わされるのが恒例となっていた。
ザクロというのも、見た目がそっくりなだけで正式名なのかは不明であった。
見た目はあまりつり目ではないルピナスといったかんじ。別作品であるが、天元突破グレンラガンのヨーコにも似ている。
ビジュアル発表後の実に半年後となる2017年2月のイベント、「水鏡の境界の先へ」にてやっと実装された。
エキナセアのセリフにて名前だけが出ていた。
貴族らしくない貴族だの危なっかしいだの言われていたが、いざ実装されてみればまあ気の良いお姉さんだった。

……カレーが好き過ぎることを除いて。
ロベリアの義理の妹
ロベリアの教育が斜め上にぶっ飛んでしまった
サボテンの妹分枠。
サボテンの真似をして近接格闘でメイスを振り回すが、本人は前に出ることが苦手でサポートが得意。・・・なんで近接格闘選んだのキミ?
詳細不明に定評のある春庭政府で4番目に本人が登場した、ベルガモットバレーの女王。なおヒツジグサがはさまるため4番目ではあるが5人目である。
桃源郷、遠見の魔法、行き渡らない統治と闇っぷりからどんなのが来るかと心配されたが腐敗政府っぽくない人が来た。そして本人がけっこうな闇を抱えていた
お花に珍しい正統派な妙齢の女性であり、声から姿から色気がすさまじい。
カルセオラリアとタッグを組んでいる。こちらは役者である。
王子役なのでそういう見た目なのだろうと思われたが、実装されてみればやはり姿も声も男前であった。胸はでかいけど。
ワタチョロギのボイスにて名前のみ登場。よくモフりにくるらしい。
ぼーっと気の抜けたような性格の、呑気な人物であった。
ローズマリーの月見ボイスにて名前だけ登場。
口ぶりから察するに相当なロマンチストと思われていたが、いざ実装されてみればある意味で豪快な人物だった。
レインリリーの双子の姉。わかるか。
植物の分類としてはレインリリーは俗称であり、ヒガンバナ科のゼフィランサス属、ハブランサス属、クーペリア属をまとめて「雨後にユリのような花をつける植物」という由来。
クロユリの保護者。
当のクロユリが死ぬこと、死に場所、呪い、害虫を殺すことしか話すつもりが無いため、実装時期は近いがほぼ後から勝手に保護者やってる人がくっついて来る形。
クロユリ(新春)の反応を見る限り完全にキマシタワーは建設されている。
バイカモの先輩。
はははーと笑い一緒にいると楽しくおじさん臭いのが玉に瑕らしいとのことだが、概ねそのとおりだった。
ただ笑い方は間違ってもはははーではないがバイカモちゃんどういうことかな?
元・「巻き込まれた少女」
最初はエイプリルフールのウソ投票だけのキャラだったが、専用ストーリークエストが用意され、イベ金として新米バージョンを同時にもらうという破格の待遇。
ついでに同じモブの隣の席子や騎士学校の先生が出れば何かと話題になる状態に。
ラナンキュラスのセリフにて名前のみ登場。ラナン曰く自分が育て、自分よりうるさいとの事。
……あのラナンの友人なのでまあそうなんだろうなぁと思われていたが、うん、まあ、予想以上にそうだった。
チューリップ姉妹診療所の風評被害者。
というかレッドチューリップの被害者。
国家防衛戦ではいったいナニがあったんですかねぇ?
モミジスズランノキのセリフにて名前のみ登場。
危なっかしい妹分との事だが、実際に危なっかしいというか危ないこと大好きなスリルジャンキーだった。
スイレンさんに弟子入り志願のメイド見習い。スイレンさんなりのメイド道を理由に断られ続けている。
なお、どんがら属性持ちである
満を持して実装されたロータスレイクの記念すべき花騎士第1〜3号(少なくとも虹では間違いなく1号)。
「ロータス」レイクというだけあって女王だろうとは言われていたが、実際には「半分」正解だった。
ハスとスイレンの特徴から、水上都市はヒツジグサが、ハス様は水中都市を治める女王だった。
好物は天ぷら。
ハスと共に、ロータスレイクの水上都市を治めている。
同じ女王として、ハスのことをライバル視している。
ニチニチソウの幼馴染。ビンカとはニチニチソウの別名だが、本作では別の人物扱いのようだ。
学名Vincaはツルニチニチソウ属のことなので、ビンカはツルニチニチソウを指しているのかもしれない。
ニチニチソウ同様ロータスレイクへの憧れが強く、誰が一番に行けるか競っていたらしい。
ニチニチソウと同じくうっかり屋、そして奇妙なおまじないダンスで高い庭園性能を誇る。
リンゴちゃんの「実家のような安心感」
リンゴちゃんの幼馴染で、リンゴちゃんの防衛本能がムハストップをかけて一度もムハってくれないことが悩みの負けず嫌いビビリ
あと開花絵誰おま四天王
ナンテンのセリフにて名前のみ登場。怪我が多いらしい。
すぐ後のイベにて実装された。かなりポジティブだが泣き虫という少し変わった人物。
生放送でその存在が示唆されているにも関わらず、実装に1年くらい時間がかかった。
その頃の情勢を知ってる団長にとっては「あのシスター実装まだ?」という言葉が流行語だった。
性格?自分で引くかここのキャラ項目を見りゃいいと思うよ。
ロータス出身者のリムナンテスが名前を出していたため彼女も同じ出身地と思われていたが、ブロッサムヒル出身であった。
熱血なボクっ娘。あと絵師が絵師なので見た目が物凄くサフランにそっくり。
クレマチスの親戚のホームシック系花騎士。
イベントで登場するまでクレマチスと顔を合わせたことは無いようだ。
カキツバタの部下。つまりロータスレイク騎士団所属。
小さくてマイペースだがとても強いらしい。実際、小さくてマイペース…つまりロリであった。やったぜ。
ヒルガオ科つながりでアサガオヒルガオと同じ孤児院で育った花騎士。
ヨルガオだけあって朝昼に弱く夜に強い。
スキル時のマジカルショットォーは実際に聞かないとわからない
ギンリョウソウのセリフにて名前のみ登場。
自分を助けてくれたらしい。後に実装されるが、絵師が同じなこともあり見た目の雰囲気はそっくりである。(性格は真反対だが)
ニコ生チラ見せの時から、白いバラに色水を吸わせた半造花ということで実装に疑問を抱かれていた花騎士。
実装された彼女は気のいい実験のお姉ちゃんだった

実験の成果によってナイドホグル一人で封印しきるウーマンとして全でち公の度肝を抜いた以外は。


以下グループ

アカシア隊

拳に秘める思いチェリーセージルピナス大討伐作戦に参加せよダリア、そしてフォスの大狩猟祭にて副隊長ハリエンジュが実装された。
先に実装された部隊メンバーの台詞に登場していたアカシアだが、全員の台詞から察するに「めちゃくちゃ強くて人も良くクセのある人物達を纏め上げるのが上手いが、すぐどっかに消えたりする何を考えているかわからない」人物との事。
……実装後の彼女を見る限り、実に的確である。

スイギョク海賊団

ガザニアのみ先行して海と花嫁と伝説のブーケにて実装。他のメンバーの名前を出していた。
リーターもといキャプテンの「青い悪魔」スイギョクは実に海賊らしい豪快な姉貴分
機関士のシーマニアはなんというか下っ端喋りが似合う肉食系カナヅチ
操舵手・アンカー手のイカリソウは「天然怪力独占系ロリ」という予想の斜め上をぶっ飛ぶ人物

とまあ退屈しそうにない集団であった

魔女の会合

エニシダが所属する会合。彼女やアルテミシアのような魔女のほか、付き添いのニゲラブルーエルフィンも参加する。現在この4人が居ること以外の詳細は不明
エニシダから名前が出ていたニゲラとブルーエルフィンは魔女の友達のおかしな夜にて実装され、アルテミシアはこの時名前だけ出され未実装だった。
実装されると、ニゲラはエニシダの話しぶりから予想された通りの大人しい内気キャラ(恐ろしい顔で鎌振り回すけど)
ブルーエルフィンは蝶の羽の飾りを付けた妖精のような姿の元気っ子
ブルーエルフィンから「黒くて嫌なやつ」と言われていたアルテミシアは全体的に黒い風貌で性格も食えないものだったが、その実はとってもいい娘であった。お花ではよくあること

オレンジ隊

ミカンの姉オレンジをリーダーとする食糧専門輸送隊。
しかし現在ミカン以外のメンバーはレモンしか実装されていなかったりする。

七草乙女団

あまり過去や交友関係について語られないナズナの幼馴染として登場。
春の七草の名を持つ7人で構成されており、かつてコダイバナで危機を救われたことから花騎士を目指す。
現在は途中で脱落したナズナを除き全員が花騎士として活動している模様。
最初にまとめて実装されたゴギョウハコベラセリと同時に実装されたユキノシタは乙女団とは関係無いただの通りすがりの花騎士だが、一部地域で春の七草に入っているためこのタイミングで登場したという説が濃厚。
後にスズシロスズナの順に実装されたため残るはコオニタビラコ一人となった(上述)
スズナスズシロ姉妹は(特にスズシロが無個性を自称しているが)カブと大根の精霊をオトモにしており強烈なインパクトで現れたのだが姉のほうは初回ナーエイベントなのが悪かった。可愛い子なんですよ?(宣伝)

リリィウッド元老院+α

ノヴァーリス様が居る以外さっぱり情報源が無く、団長の上司であるはずのブロッサムヒル女王すら謎に包まれていた春庭首脳陣で2番目に実装された。ちなみに3番目はロータスレイク、4番目はベルガモットバレーで残る2国は未だいろいろと不明。
最初に実装されたのは元老院メンバーでも若く、新しい風を取り込むことに積極的なバナナ感染者プロテアと彼女の幼馴染兼親衛隊キリンソウオトメギキョウリカステ
後に実装されたアグロステンマはプロテアの行動力を羨み、自身の「王族枠」という所属について悩んでいた。
現在アグロステンマからタラゴンの名は出ているが、何人で構成されているうち何人が花騎士なのかよくわからないため今後増える可能性あり。

トリトニア調査隊+協力者

ひと夏の海の調査記録で実装されたクレソンクコ、副隊長フェンネルらによるロータスレイク湖底調査専門部隊。外海の調査も可能。
肝心の隊長トリトニアは当時他国からの一時協力者で編成された調査隊にいろいろレクチャーしに回っており不在だったが、メンバーのセリフによるとフェンネルより強く、非常に心配症らしいことはわかっていた。
実装されるとママ勢だったあと絵師の画風故か某中国の艦船擬人化ゲーのドイツ逐艦に見える
トリトニアより前に実装されたカガミは調査隊最古参で、船大工を務めている。また、ロータスレイクの伝説上の眠り姫(緊急任務 祀られる花の眠り姫参照)に仕える司聖官も務めている。
実装してみれば……もうのっけからアウト全開な変態淑女だった。
そしてトリトニア隊長と同時実装のヘナが最新メンバー。デザイナーをしているらしい。
トリトニア隊長の拾い幼女2号で、1号クコと似たような喋りかたをしている。

なお、クコヘナの二人はトリトニア隊長によるとひと夏の海の調査記録で訪れた謎の島・・・フロッタン島の出身である可能性が高いらしい。
そして、仮にそれが事実であるとすれば二人の生まれた時代は3ケタ年前ということになる

トリトニア調査隊が発見・回収した遺物の調査研究はウルシが行う。
おそらく同僚プラタナスも携わっている。
プラタナスの影響なのかマッドマッドうるさいウルシだが、「マッドになろうと頑張る」あたり、研究者っぽいの認識がズレている以外ほとんどTHE・普通な子。

王立聖護湖機関「ネライダ」

「眠り姫」の復活のため活動する割と謎の組織。
トップのスパラキシスはアヤメ科つながりでカキツバタ&アヤメニワゼキショウといとこ同士。
現在ネライダ構成員であると判明している花騎士は他にホルデュウムのみ?
情報募集。

忍の里

ガジュマルが抜けた里。
というだけあってどんなところかと思えば、棟梁ワビスケはガジュマルの話しかしない人だった。
カカラが実装済、カヤナの名が出ている他にも増える可能性は高い。
怪力脳筋のガジュマルと忍ばないアグレッシブ超元気猿娘カカラの仲間というだけあって濃いのが来そうだが。



以下花騎士以外の人物

ラエヴァ

1000年前、コダイバナを含む全ての国家に一人ずつ居たと伝えられる七賢人の一人。
ロータスレイクの賢人ではあるが、現代のロータスレイクに残留思念が水影の騎士の体を再び現れた。
残留思念が言うには、彼?は既に死んだ残留思念が持つ未練によって動く一種のAIか検索エンジンのようなものらしい。
「会話をしているように見えるかもしれないが、意思を持つ返答・反応ではなく反射のようなもの」とも言っていた。
他に現在わかっている情報をまとめると、「アクアシャドウの現在の命令主である」「アクアシャドウを使役しロータスレイクを襲う理由は自身の『偉業』を認めさせるため」「根城?となるアクアシャドウ制御中枢は悲哀の巨塔であるらしい」。
ちなみにどうやら「レーヴァテイン(裏切りの枝)」でおなじみ「レーヴァ(裏切り)」という・・・なんかもう単語が未来を示しすぎている名前であるという説が有力。

カマニシさん

ゆあげの遊び心が生み出した害虫界のアイドル。
歌ってよし、声当てよし、画力よし、見た目よし、ガチャ芸と顔芸よしの誰かによく似ているような気がする。
ニコ生のお兄さんとニコ生でコスプレしているお姉さんっぽいのも居る。鉢からえらい人っぽいのも・・・?
さらに彼女?を模したモデルの川西ゆうこ本人によるいつもの前方後円墳似顔絵・・・「が」、害虫としてニコ生級ステージに登場した。
庭園の害虫説明文によると、カマニシさんの絵が動いているSAN値直葬モノだがとりあえず花騎士の力で討伐できるからという理由で害虫図鑑に載ったらしい。
またおまえか担当ケンザンさんの発明を元にベルガモットバレー・リリィウッドの共同研究で完成した「コダイバナの環境でも正常に成長する樹木」。
どうやら生命の結晶の力なのか世界花に近い力を持つらしく、色づく世界花の巫女やメインストーリー1部最終話付近で出てきたマニュ達のように、意思の代弁者というか人格の具現化というかそういう類の精霊さんが現れることがある。
言葉を話すのか、マニュ?のように意識に直接内容を伝えたりできるのかは不明だが、生命樹の精霊ナーエは簡単な意思疎通ができるようだ。
そしてこのたび、なんと副団長にできるとか。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます