ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

概要

一応クリスマスイベントです。一応。
スワンボートレース・波乗りサンタ杯

ストーリー

バナナオーシャンの三日月島「ティーリ島」。夏に来たときとは違い今回は始めから警備で配備された。
団長を見つけたセンリョウとイベリスは休日返上でくっついてきて、一人残されるのが嫌でいつものように長い物に巻かれるハウユキソウ
私はただサボりたいだけなのにぃ〜
でも本当にサボると害虫と鉢合わせしちゃうのがハツユキソウなのさ
不幸ですぅ〜!
サンタサーフィン大会に参加する前にさらに警備。ハツユキソウとセンリョウはもともと休日なので遊びに、イベリスは団長へのアッピルのため警備に同行
うぅ〜、こういう調子のいい時は絶対に悪いことが起きるような気がして落ち着いて休憩できません〜
ほら、あんまり人が行かないエリアとか害虫が潜んでたりしそうじゃないですか〜
よし、じゃあそこ回るかな
えぇ〜・・・今日だけで一体何箇所の害虫を倒すんですかぁ〜・・・
む、クラスペディアの愛犬ビリーが大型害虫を身つけたぞ!
って大変!あの大型が向かってる島、招待した子供たちが居るの!
ええ!?大変じゃないですか!私のサーフボードなら湾を突っ切ることはできますけど・・・
私の杖に乗って先行すれば間に合います!
4人が時間を稼いでくれてるうちに後続の花騎士を集めてサーフボードとスワンボートで同じく湾を突破!子供達への被害は未然に防がれたのだ!ゴウランガ!



って、私結局ぜんぜん休めてないじゃないですか〜!

余談

今までリリィウッド北部やウィンターローズを舞台にしてきたクリスマスイベント。今回はまさかまさかのバナナオーシャン
センリョウの実家が資金提供そしており、センリョウ自身運営側で参加。
ついでにハツユキソウにとっては貴重な里帰りである。そのため珍しく薄着でも大丈夫そう。

ちなみに、真夏のサンタというものは実在する。南半球は季節が北半球の逆になるため、オーストラリアなどの12/24は夏に来る。というかサンタさんがサーフィンしてるらしい。暑そう
北半球でいえば6月下旬に相当する時期とあって気温が高く、サーフィンまでするだけあって南半球担当のサンタは当然進化後センリョウ(クリスマス)よろしく涼しげな水着スタイルで訪問する……などと都合のいいことはなく、水着サンタも散見されるものの北半球と担当を分けてもらえないのかおなじみのサンタ然とした格好で現れることも多いようである。慈悲はない

スワン予想屋について
今回初登場の予想屋はカーパス、スズシロ。他メンバーはグリーンベル、ロベリア、アイリス、スイレン、モコウ、IBにNZN。
スズシロ予想は彼女らしく「定石どおり」○2着◎1着。
さて、問題のカーパスくんだ。

「奇数レースに非常に強い」というキンギョソウっぽい特徴の予想屋なのだが・・・
彼女の予想の本当の特徴は おそらく 「奇数レース時、ストレプトカーパスのみが印を付けたボートが印の種類に関係なく1着になる」。
こんな初見でわかるはずもない「回りくどい」(メギ談・ストレプトカーパスの自己紹介についてより)予想をしたこと、よりにもよってモコウ神と同じレースで予想して外れた(ように見える)ことなどから「こいつぽんこつ探偵じゃね?」と一気に話題がそれ一色になった。
そこに拍車をかけたのは「親公認ぽんこつ探偵」という意味を持ってしまった「信じて賭けたら外れた」絵の投下だった。
さらに、あるでち公が「ソトレプトカーパス」と間違って覚えていたうえに変換してしまい誕生したのが「外レプトカーパス」。完璧なタイミングでの誤字に「はずれプトカーパス」にしか見てもらえず、カーパスのぽんこつ属性は決定的なものとなってしまった。
真面目な話をすると、現在2度目の登場をしていないので、結局「一人勝ち予想」というのは憶測にすぎない。待て次回

今日のオトモボート
花騎士オトモ・・・オトモ?ボート名
アルテミシアヘビのエルブブラックエルブーン
エニシダ魔法のホウキホウキウキウッキー
サンカクサボテン(ハロウィン)猫カボチャサンカクカボチャー
スズシロ精霊ムーリーダイコンセンムーリー
ヤマゴーヤウリ坊のスズメススームスズーメ



ビリーが見つけた大型害虫。
ちなみに、ウィキペディアによると「アボルダージュ」とはフランス語abordageのこと。これは移乗攻撃や接舷攻撃と訳される戦法で、テンプレ的な海賊のやってそうな船に船をぶつけて乗りこんで白兵戦をやるような方法。
さらに余談にはなるが、これはあくまでパイレーツオブカリビアンのような、大砲が貧弱な戦列艦時代の木造船の戦法。主力が戦艦に移り、鉄の船に強力大口径の主砲が乗るようになるとそもそも接近すること自体が無くなったためである。
まあ、さらにその後航空機に覇権が移り対空以外の砲はほぼ絶対不利な状況になったうえに終戦後はミサイル大正義時代。船を出す前にどうこうなってしまうような飛距離のせいでなおさらアボルダージュにもつれこむことが無くなっているわけだが。

さらに無関係な逸話

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます