ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

「歴史を学ぶのではなく、歴史から学びたいものです。」

緊急任務「山と紅葉と食いしん坊」にて登場した、リリィウッド所属の☆5魔属性キャラ。
花言葉は「鎮魂」「長寿」「しとやか」など。

神主の祖父に育てられ、騎士団で修練を積んでいる花騎士。
花騎士たちの仲裁をしていたら、しだいに『火消し』と呼ばれるようになってしまった。



容姿

進化前進化後開花後

痴女じゃねーか!
進化前は履いてない様に見えるが、進化後を見るとド派手な色の褌(の様なもの)をはいている。
まさに神職のような上半身とは裏腹に、下半身の開放っぷりは凄まじい。そして神社の狛犬をモチーフにした耳が頭から生えている。

花騎士の中でも脚線美においてはトップクラスと言えるだろう(むっはー!)

表情

進化前


進化後


開花後

SD

性格など

基本的にお淑やかで大人しい性格だが、その内面は好奇心と開放感への欲求の塊。
期間限定ボイスでは修行好き(?)な一面を見られる。
詳細はキャラクエを是非とも進めてほしいが、箱入り娘であり、他人に甘えるのが苦手。

なお花騎士としての活動は一時的であり、引退後、将来的に神主の職を継ぐことが決定している。
彼女の花騎士としての姿勢は真摯そのものであり、花騎士としてもっと広い世界を見に行きたいと思っている。


担当絵師:和六里ハル氏



ちなみに、おーぷんの住人達の間で「リリィウッドのまとめ役は誰か」という話題になった際
彼女はほとんど全く話題にあがらなかった。(衣装のせいでは無い…はず)
おまえら全員11連の後で銀杏拾いの刑でち

本当に仲裁が得意なの?

リリィウッド所属の花騎士で会議をひらく場合。※2月上旬現在

(編集者の悪ノリと偏見が殆どです。長いので要注意。)


イチョウについて

イチョウ科イチョウ属の裸子植物で、イチョウ科で唯一現在生存する個体が確認されている種である
中生代から新生代にかけて世界的にイチョウ科の樹木が繁栄したが、氷河期の到来でイチョウ一種になってしまった
そのため、世界各地でイチョウ科の「化石」が発見されているが、科全体で見て絶滅危惧種となる。実際にイチョウも絶滅危惧B類に指定されている
樹高20〜30mにまで達する大木で、落葉性
紅葉を起こすが、葉の色素の関係で色は赤ではなく黄色になる
北半球の温帯で4〜5月に開花する風媒花で、射程は1kmともいわれる
日本人なら誰でも知ってるんじゃないかというほど特徴的なのが扇形の葉だが、実はこう見えて針葉樹に分類される
原産地はもはや不明だが、極東、特に11世紀中国が遡れる限りの記録に出る最古の情報となる
語源として、カモの足の形が似ているため、中国で鴨脚(イーチャオ)と呼んだのが始まりではないかとされるが、正確な由来は判明していない
種子を銀杏と呼ぶのも中国の本草学図書に記載されているものが最初であるといわれる
その銀杏は食用として茶碗蒸しに沈んでいたり焼いてかじられたりしているが、即座に影響が出るものではないだけで有毒であり死亡事故も発生している
イチョウの木周辺で強烈に漂う銀杏の異臭は酪酸とヘプタン酸が主成分であり、ニホンザルやネズミは離れるがアライグマなど一部の動物は食料とする
学名はGinkgoopsida(イチョウ綱)Ginkgoales(イチョウ目)Ginkgoaceae(イチョウ科)Ginkgo(イチョウ属)biloba(種小名イチョウ)
これは銀杏をギン-コウと読んでベースとしてはいるが、イチョウ科が絶滅したヨーロッパに初めて情報を持ち帰った日本誌の著者エンゲルベルト・ケンペルが「ン」のためにGを入れたところスペルミスをやらかしたため、Ginkgoという発音不能な文字列が誕生してしまった
本来のスペルであり発音的の問題も無いためか、植物命名規則ではGingkoと記載することは訂正されていない
種小名bilobaはbi(2つの)lobe(裂片)というラテン語による造語。中央で分かれる葉から付けられた
英語では「もね毛」(オブラートに包んだ表現)の周辺に似ているということで、Maidenhair treeとも呼ぶらしい

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

キャラクター

どなたでも編集できます

閉じる
お知らせ
特にないです
ページの削除といった要望は
その他→wiki管理人へ連絡からどうぞ