ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

立ち絵

進化前進化後

表情

進化前


進化後

SD

概要

森を見守る樹木の妖精ドライアド(ドリアード)であり、「転生したらスライムだった件」からの期間限定コラボキャラクター。
原作ではポテチをやたら食べまくるため好きな味から「うすしおさん」なんてファンから呼ばれる彼女だが、転生したらフラワーナイトだった件ではポテチではなく団子をひょいぱくひょいぱく食べまくっている。
※転スラ日記ではゴブ太が「太るんじゃね?」という発言で豪雨になったとか

アニメではリムルにシオンらの里を滅ぼしたオークロードの脅威を伝え、その討伐を依頼した。
戦後処理として、リムルに裁判長を任せて議長をした時にリムルから提案された「協力体制」の輪に入り、森の管理者として「ジュラ・テンペスト連邦」及び盟主リムルを認めた。
この協力体制は、残ったオーク達には労働力として各地で働かせ、リザードマンの水・漁獲、ドライアド&トレントの植物資源、ドワーフの技術、リムル&ゴブリンからの居住区という相互提供・・・つまり有り体に言って「貿易」をしようというものである。
この提案をリムルが出したのは、元はといえばオークの族長・魔王ゲルドは手駒の魔王を作ろうとした者にネームド化された時に暴走しただけであり、そもそもは飢饉に苦しむオークを見捨てられず自ら食糧を調達しようとして行き倒れていたから。オーク族の「罪」を食らい背負って魔王と約束した手前、こういう形でオークの生活を保障する必要があった。
なんとこの族長(ゲルド)、自己再生能力があるからといって飢えに苦しむ子オークたちに自分の腕を千切り与える肉アンパンマン行為までしている。
web版ではオークロードには名前がなく、肉アンパンマンまでやっていたかどうかは定かではないが暴走の経緯はほぼ同じ。魔人ゲルミュッドを食べて魔王になるまでの戦闘もほぼそのままだが、アニメ版ではその前にゲルミュッドがトレイニーさんから威嚇攻撃を受けるというシーンが追加されており、また魔王化したオークロードはこの時「ゲルミュッド」を名乗った。「ゲルド」はアニメ版ではオークロードに与えられ、生き残りの族長に任命されたオークに継がれたものだが、原作ではゲルミュッドからもじって継がせている。
そしてなろうでのトレイニーさんは・・・終戦会議で大同盟を結ぶ段階になって初めて登場する。つまり討伐依頼を出しに現れたアニメ版ではかなり前倒しになっている。
時間を気にしなくていい文字版であるが故にトレイニーさんの思惑が少しは語られており、住処から動くことのできない樹人トレントを自然災害などから保護してもらうかわりにオーク15万に分け与えるトレントの実(余ったMPで作るが必要がないため溜まる一方だったらしい。どっかの仙豆みたいに7日何も食べなくても活動可能とかいうチート食物)を提供する形で同盟に参加した。

SDのスキルである「大気圧縮断裂」は風の精霊シルフィードを召喚しての精霊魔法であり、「エアリアル・ブレード」と読む。
アニメでは第13話「大激突」で使用しており、上述のオーク魔王化計画の実行犯に武力威嚇をするために使われた。

深い森の世界花リリィウッドの所属なのは、森林の管理者という本来の立場に最も相応しい国家だからであると思われる。
(面倒ごとはリムルに任せるといった一面もry)

代替キャラクター「異世界の精霊使い」

立ち絵

表情


SD

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます