ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

立ち絵

進化前進化後

表情

進化前


進化後

SD

概要

魔王ミリム・ナーヴァが本名。転スラ世界では「ただ一人のドラゴノイド」と自己紹介する。

原作(小説家になろう)「転生したらスライムだった件」ではリムルがただのスライムではないことを見抜き、興味を持って「遊びに」来た。
ライカンスロープの魔王カリオンとハーピィの魔王フレイとの3人で部下を出しあって偵察という話だったはずが、部下がいないミリムはまさかのご本人降臨。ひとしきり観光した後、テンペストは(個人的な付き合いはともかく)ミリム含むいかなる魔王とも中立不可侵であるとアピールしに飛んで帰った。
容姿設定が「銀髪ツインテールで黒ゴスロリ」、つまり銀髪のトリカブトみたいなもの。↑の彼女とはまるで別人だった。
リムルに作ってもらったドラゴンナックルを非常に大事にしており、怒ったフリをして敵を殴るという演技をする時にはわざわざ外す(これでバレないあたり敵はしっかり慢心している)などお気に入りのオモチャのようだ。
※※※※※※※※(ネタバレ)の娘であり、「魔力増殖炉」というスキルを受け継ぐ。
これは「MPを入れて怒るとMPができる」という、永久機関を超えたよくわからないものとなっている。これがある限り、エネルギー総量で言えばミリムは「無限に増やせるため計測不可能」というのが正しい。
容姿設定についてはとある十大魔王の一人(名前だけでとある設定について察しのいい人にはネタバレになるので誰かは言わないが)と銀髪キャラが被ったため、漫画化以降は現在の赤いツインテと露出度の高い服装に設定が変更されている。
web版番外・リムルの優雅な脱走劇第17話の末尾で作者がQ&A形式でミリムのイメチェンについて答えている。
曰く、髪の色は桜金色と書いてプラチナピンクで、服装についてはいくらでも着替えれるから!だそう。

コミックス以降では本当に挨拶しに来ただけだったミリムにシオンたち鬼人が先制攻撃をしかけて結局戦闘になってしまった。力では当時のリムルの軽く10倍以上(これは計測できる下限で、の話である)ではあったが、力で敵わないと判断したリムルが隠し持っていたハチミツを口に突っ込んだらあっさり即落ちした。精神年齢は割と見た目どおり。
一応、鬼人が攻撃したおかげでハチミツ落ちさせられたので、ミリムがテンペストに敵対しない約束を取り付けた点ではあながちマイナスでもない。

はちみつください

ハチミツを食べて以降リムルになつき、勝手にマブダチになってリムルの「ジュラ・テンペスト連邦」首都「中央都市リムル」に居座ることになる。
ダメと言われて守れる精神年齢ではないため街中で暴れた異邦人(獣人の魔王カリオンの配下で、テンペストを勧誘しに派遣された魔人)相手にノータイムでブン殴り(ミリム曰く住人じゃないからセーフ(※アウトです))、彼が「リベンジをする力が手に入れられる(かも)」とそそのかされて「暴風大妖禍(カリュブディス)」の封印を解くきっかけを作ってしまう。

カリュブディス

リムルは最初自分(or体内に格納したヴェルドラ)に用事と思っていたためミリムは観戦させていた(関係ないが該当するコミックス単行本8巻のひまミリムが可愛い)が、ミリムの客だとバトンタッチした時にミリムが「手加減して」攻撃したものが攻撃スキルで使用している「竜星拡散爆(ドラゴバスター)」である(リムルが依り代になったフォビオを残すように吹っ飛ばしてくれと言ったから手加減した。そもそもカリュブディスを消し飛ばせる威力を手加減と呼ぶか、はこの際不問)
転スラ日記ではバトンタッチするまで、復活した次のコマで瞬殺する夢を見ながらぐーすか寝ていた。
なおカリュブディスは大元のなろう版には存在すらしないので、ドラゴバスターお披露目前にさっさと帰っている。まあドラゴバスター一度も使わないけど
※その後、上司の魔王カリオンは部下がやらかしたのが悪いとむしろ謝罪に来ました。ついでに連邦の後ろ盾につけることにも成功。

力は強大なのだが、娯楽らしい娯楽というものを知らず実は魔王生活に退屈していたっぽい素振りも。・・・信じられないかもしれないが、いちおう、これでも「アホではない」と明言されている。事実、精神支配によってミリムを操ろうと画策した相手(ミリムには自動結界が張られているため、ミリム自身がわざと極限まで結界をオフにしないと発動すらしないし、発動しても効果はない)には、逆に操られているフリをして騙すこともできるまあニヤけてたりガッツポーズしてたり隠す気はないみたいだが

立ち絵・SDで着けているピンクの手袋は「ドラゴンナックル」というミリム専用装備。
元はといえば、魔王について情報を得るためにリムルが作ってやろうと約束した、一応分類のうえでは「武器」にあたるはずのものである。
クッション材が入れられており、殴った威力が100分の1に抑えられるようになっているうえ、仕込まれた魔鋼(MPに当たり続けたマテリア的な鉄)には「減速」と「脱力」の効果が刻みこまれている。
製作に協力したドワーフの鍛冶職人が試着したところ立つのも困難になるほどで、一般人には着けることすらままならない事実上ミリム専用装備として完成した。
庭園Bでは着けておらず、もらってすぐのまだ着けていない時のシーンで抱きしめて喜ぶコマが元。
つまりコダイバナで1キルしてようが水影をじゅーりん♪してようが、威力は実際に出している力の7.5%とか3%とか1%とか0.8%とか0.5%とか0.3%とか0.1%しか無い

(つけてなかったら村や町どころか「大森林」とすら呼ばれるジュラの森まるごと一瞬で壊滅させられるだろう)


4コマ漫画「転スラ日記」2巻では四季折々、セーラーワンピにパーカーにセーターにと豊富なお着換えを披露。可愛いからみんな買って読もう(ダイマ)

代替キャラクター「異世界の暴君」

立ち絵

表情


SD


セキチク

5番目で、リーダーの名前はからキョウ/アンズ
毒メインで、どくどくorどくづきのマシンがもらえる。
最大の特徴は見えない壁の迷路。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます