おーぷん花騎士まとめwiki - イフェイオン

※彼女を入手した後すぐに寝室に連れていくようなことはしないよう。理由は後述。

緊急任務「過去と未来の自叙伝」の報酬として登場した☆5花騎士、いわゆるイベ金。
当該イベントではモコウたちの金昇格あとキモイ本棚害虫などインパクトのある事柄が多かったが、
彼女も負けず劣らずの個性を持つ花騎士であった。

花言葉「恨み」

だってわたしは……あなたに、復讐するんだから

初入手ボイスにおける花騎士たちの反応はさまざまであり、
一目ぼれで好意を寄せてきたり、逆に強い警戒心を示してきたりもする。
だが彼女は警戒だとか拒絶ではなく、殺意を向けてくるのだ。

花言葉「悲しい別れ」

曰く、
「討伐作戦から逃げてきた害虫に、わたしのお父さんとお母さんは殺されたの。」
「あなたがちゃんとその害虫を倒さなかったからだよ」
「作戦を指示していたのは団長だって聞いたの」

すなわち、「親の仇」という奴である。
団長には心当たりがないというが、逃げた害虫と言うからには、把握できなかった事柄があったのであろうか……?

花言葉「卑劣」

そして、そのためには「なんだってする(中略)し、してきた」のがイフェイオンである。
花騎士になり、団長に接触するために、騎士学校の入学担当者を脅迫して入学するなどあらゆる卑劣な手段を尽くしたらしい。
それからも様々な根回しを続け、イベントで団長と合流するのも、彼女が意図したものであると言う。

シナリオ概要


以下、イベントならびにキャラクエの概要あり。



緊急任務「過去と未来の自叙伝」

上記の通り、彼女が初登場するイベント。
大筋は「謎の超パワーを手に入れてしまったワレモコウ、アカバナスイレン、ミントの3名。その理由は?」であるが、
その裏で、他のメンバーに聞こえないように団長とイフェイオンが会話するシーンが何度か存在する。

唐突に望まぬ力を手に入れ手放したがる三名と、
今まで力を望み続け、汚いことにも手を染めてきたイフェイオン。

愛する家族を奪われた恨みを吐露しながらも、
皆に愛される団長を自らが奪うことに迷いを見せるイフェイオン。
「あなたの命を奪ってしまえば、わたしはあの害虫たちと同じになる。」

彼女は団長を待つ人のため、自らの復讐を保留することを決めるのであった……。
「今は手を出さない。あなたの事が分かるまで。」
「殺してもいいと納得できるまで……わたしは待つ」

キャラクタークエスト

殺すべき復讐相手である団長から日々優しく接され、戸惑い自分を見失いそうになるイフェイオン。

迷うイフェイオンに、その日開かれていたお祭りに誘うなど努めて明るく接しようとする団長だが、
道行く子供を見れば「お父さんとお母さんがいていいな」と言い、
好きな食べ物を聞けば「お母さんが作ってくれた料理」と言うイフェイオンに、団長も距離を測りかねる。

しかし、屋台で挑戦した射的を通じて接した彼女は、自分でも分からない「気持ち」を抱いており……?

で、事の真相は?(寝室/開花クエバレ)


そして彼女の物語は次のステージへと進む…

ところで、何で新人歓迎会を寝室でやってはいけないんだよ?

七夕ボイスにおいて

デートイベント

お花スマホ進出にあたり林檎ちゃんやアンドロイド公式ではさすがに寝室は許可されない
そこで、一般用として寝室のかわりの好感度100%イベントとして実装されたのがデートイベントデートじゃねえなってのが多々混じってるのは気にしてはいけない
当然イフェイオンにも「デート」が実装されたわけだが・・・

そんなことして大丈夫なの?

立ち絵

進化前進化後開花後

表情

進化前


進化後


開花後

SD

ハナニラ

イフェイオンはヒガンバナ科ネギ亜科のハナニラ属の学名である。ハナニラであればIpheion uniflorum
葉からニラっぽいにおいがするため花ニラと呼ばれるが、ニラはネギ属のAllium tuberosumである。食用にはならない。
彼女の斧が再現しているが、6枚の花びらが星のようになり、スターオブベツレヘムやスプリングスターフラワーとも呼ばれる。北米版ではSpring Starflowerで実装された。
3〜4月の春先に開花し、花のサイズは小さめで色も淡めなので可愛らしい。
強かなお花なのでうっかりほったらかしにすると種や分球でぽこぽこ生えてくる。