ここはおーぷん2ちゃんねるの花騎士スレについてまとめる場所です主におーぷん特有の用語などをまとめますが他の内容でも構いません荒らしははなっから相手にしてはいけません 花騎士だけに

  • コンテンツ一覧へ(常連さんはこちらからどうぞ。初めてここに来た人は↓の茶番注意事項を読んでね!)

やあ!皆!よく来てくれたな!このページでは、2018年6月12日現在の花騎士の環境におけるパーティの編成について考察していくぞ!2ヶ月も放置しててすまない、編成例は追って追記していく予定だ

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

この記事は『ある程度虹キャラの頭数が揃ってきたけど、パーティの組み方がよくわからない』という悩める団長達のために書かれたものだ。しかし、『最近始めたばかりでこの子が出たけど、どういう風に使えば良いか分からないよぉ』という新人団長達や、『スペチケは股間に従って選んできたけど、好みのキャラは大体取ったし、今後は性能面を重視していきたい』という中堅団長達にとっても、今後の育成方針を決めるときの参考になるかもしれないから、是非見ていってくれると嬉しい。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・ただし、まぁなんとなく察してくれているとは思うが、性能面の話が中心になるから、そういった話が苦手な人や、(内容はこのページができた頃はそうでもなかったが、今ではかなり充実している)本家wikiで間に合っているという人はこのページをそっ閉じしよう。な!

・・・・・・

・・・・・・

・・・ち、ちなみにそういう方針上、紹介するキャラは基本的に虹レアの子が中心になる。また、各コンセプトのパーティ毎におすすめのキャラや編成を紹介しているが、これはあくまでも筆者の独断と偏見によって選んだものだ。キャラの強弱や有用性についての解釈は、その団長が迎えいれたキャラの層の厚さによって異なってくるし、ゲーム仕様の変化によって容易に変わるものだ。今後のアップデートや追加要素によって環境が変化する可能性はゼロではないので、キャラの評価は永久不変ではない(全ての団長さんの共通認識)ということを十分に理解してくれよな!

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

ていうかお前らなんか喋れよおおおおおお!!!!!!!!ペポとスズシロはどこ行ったんだよおおおおおおおおお!!!!!!!!!!

・・・いや・・・だって、僕たち多分喋れない設定?だしねぇ・・・

フ、全くだ。

鮭ですし・・・はい・・・。

えぇ・・・

とりあえず、今後の記事内での表記についてだけど、「パーティ」は「PT」にするよ。

筆者が打ちやすいからな。

うん、まぁそうなんだけどね・・・

どこぞのキャハキャハ言いながらこっちの攻撃を鬼回避する魚雷ボートとか、ピエロっぽい楽団員とは関係ないからね。

そんなことで間違えるのは団長だけだから大丈夫だろう。

なんか俺への風当たり酷くない?ねぇ?

(大丈夫だ!・・・たぶん。)




コンテンツ一覧

火力パーティ 耐久パーティ その他パーティ
※各PTの編成例には総ダメージの期待値を計算した表を載せています。
スキルやクリティカル、再行動などの特殊攻撃を含んだ全体のダメージです。
レベル80、好感度は咲100%、装備は未装備、スキルレベルは1、ノーアンプルゥです。
また、敵の数は3体を想定しています。この為、計算結果は全体スキル持ちが多ければ多いほど、総ダメージが大きくなる傾向にあります。(デバフのみ注記してあります)
ただし、実際は乱数などもある模様なので、あくまで参考値として流し見する程度にしてください。
【6月12日追記】現在アビリティ修正が活発に行われておりダメージが短期的に大きく変わるので、一旦折り畳みました(内容は4月12日以前のものです)

ちなみに、ダメージ計算はこのwikiの簡易ダメージ計算器を使用させて頂きました!製作者様ありがとう!簡易ってなんだ

昇華について

昇華プールの増大と一部のパーティの組みにくさから、キャラクターの再発掘も目的として昇華キャラも積極的に提案することを提案したい。
特に昇華が基本となるデバフパーティは記述されてる場所も少ないため、昇華させた団長にぜひとも所管を伺いたいので、ぜひ自慢の編成を記事に追加してくれるとみんな喜ぶんじゃないかなと思う。

1ターンスキルパーティ

1ターンスキルPTとは?


1ターン目にスキル発動率が1.65倍上昇するアビリティを持つキャラを主軸としたPT。
確実にスキルが発動する状態にした上で、様々な攻撃バフをかけて非常に強力なスキル攻撃を行う。1ターン目に超火力を叩き出して敵を殲滅するため、敵は攻撃すら許されない。

特徴・運用方針

基本的には、1ターン目にスキル発動率が1.65倍上昇するアビリティを持つキャラ2人と、戦闘中スキル発動率が1.2倍上昇するアビリティを持つキャラ1人〜2人以上を同時に編成し、1ターン目のスキル発動率を100%にした状態で運用する。
素の発動率が26%以上なら、スキル1.2倍の子は一人でOK。2018年6月11日のメンテで、大多数のキャラのスキル発動率が上方修正されて(おおよそ27%以上)達成しやすくなったが、JBスイレン等の3回攻撃勢は24%のままなので注意。

スキル発動率一覧表(見にくい)


運用の主なメリットとしては、次の3点が挙げられる。
.ャラの装備スロットにあまり依存せず、スキルレベル1でもアビリティが揃いさえすれば確実にスキルを発動できるので、運用のハードルが比較的低いこと。
超火力による短期決戦を仕掛けるので、戦闘が短時間で終了し、周回時の時間短縮になること。
ごく一部の任務(水影の騎士EX破級や、一部の特殊任務)以外では大体無双できるので、とりあえず1PT完成させておけば何かと役に立つこと。

一方で運用のデメリットとして、1ターンスキルPTの性質上、主に次の2点が挙げられる。
1ターン目の攻撃を耐えられてしまった場合、2ターン目以降の攻撃は大幅に弱体化すること。
▲譽ぅ疋椒浩錣砲鷲垳きであること。

デメリットはあるものの、1ターンスキルPTは現在の花騎士の環境に非常にマッチしているコンセプトPTなので、どのコンセプトPTを作るか迷った場合は、とりあえず1ターンスキルPTを目指すと良いだろう。
ただし、例えば水影の騎士EX破級の序章のように、最近では1ターン目の被ダメージを大幅に軽減するバフを持つ敵が登場した。今後も1ターンスキルPTと相性の悪い敵が更に登場する可能性はあるので、注意しておきたい。

相性の良いアビリティ






1ターン目に攻撃力を大幅に上げる、再行動やクリティカル攻撃を確定させるなどといった、『1ターン目限定ではあるが効果が強力なアビリティ』と非常に相性が良い。
同様の理由で、育生アビリティは『1ターン目の攻撃力が15%上昇』がおすすめ。

お勧めの花騎士

1.65倍組
画像
名前シロタエギク(クリスマス)エノテラシュウメイギクスイレン(ジューンブライド)コムギ
スキル/発動率変動4.7倍or2.8倍or2.2倍/27〜37%変動4.7倍or2.8倍or2.2倍/27〜37%全体2.8倍/27〜37%1.8倍×3/27〜37%全体2.8倍/27〜37%
1ターン目のスキル発動上昇率1.65倍1.65倍1.65倍1.65倍1.65倍
攻撃バフ20%20%22%35%15%
その他11T目自身のクリティカル率100%・ダメージ60%上昇ボス敵と戦闘中攻撃力25%上昇1T目ダメージ25%上昇1T目攻撃35%バフクリティカル率20%上昇
その他2スキルダメージ15%ボスダメージ12%ボス敵と戦闘中攻撃力22%上昇突属性付与3人クリティカルダメージ30%
備考見た目は子供、中身はBB(ry貴重な長身貧乳勢妖艶な引きこもり系女王様お嫁さんメイド(本人発言)実はポニテ

上の表で挙げたキャラの他にも、クルクマ(斬付与、1ターン目攻撃35%バフ、※アビリティは嫁スイレンとの属性互換で非常に強力全体スキル)、カトレア(光華の姫君)(ボスダメ12%、変動攻撃バフ)、デージー(クリ率20%、クリダメ15%、防御14%)、ビオラ(突付与、1T目の攻撃バフ55%、防御25%)、タチアオイ(変動攻撃バフ、シャイン20%)、ワビスケ(ボス戦時攻撃バフ20%、ボスダメ15%)が1.65倍持ちであるが、アビリティの破壊力の差から優先度はわずかに下がる。それでも、依然として1.65倍組の有力な候補であるということには変わりない。特に、属性付与持ちの花騎士は敵に合わせて適切に編成することで、より高い火力を発揮することができる。

さて、上で様々な1.65倍組の花騎士を紹介してきたが、まずはその中から2人選ぶことになる。エノテラシュウメイギクはアビリティの汎用性が高く安定したダメージを出せるので、特におすすめしたい花騎士である。

シロタエギク(クリスマス)は単体火力が桁違いに高くなるため、単体に対する火力を更に高めたい場合は上記2人よりも優先順位は高くなるだろう。(クリティカル率100%なのがいけない)

コムギはやや特殊なアビリティ構成で、1.65倍持ちではあるがその他がクリティカル関係である。適当な1TスキルPTに組み込んでも十分強いが、純正なクリティカルPTに組み込んだ方が真価を発揮する。クリティカルダメージの乗算値がそこそこ高いので、発動率の部分は無駄になってしまうが、シロタエギク(クリスマス)アグロステンマと同時に編成するのも面白い。

注意点として、1.65倍組を3人以上編成してしまうと、1ターン目のスキル発動率が100%を超えてバフに無駄が出てしまう。しかし、1.65倍組は強力なアビリティをあわせ持っているキャラが多いため、所持してるキャラの層によっては、1.65倍組を3人、4人と同時に編成することも選択肢の一つである。

1.2倍組&強力バフ要員
画像
名前サクラエーデルワイス(新春)ハス(ジューンブライド)アグロステンマコデマリ(イースター)
スキル・発動率単体5.4倍・26〜36%1.8倍×3・24〜34%変動4.7倍or2.8倍or2.2倍/27〜37%1.8倍×3・24〜34%変動4.7倍or2.8倍or2.2倍/27〜37%
攻撃バフ22%20%20%22%20%
その他1ボス敵と戦闘中攻撃力35%上昇スキルダメージ15%スキルダメージ15%1ターン目自身のクリティカル率100%・ダメージ60%上昇攻撃力戦闘開始時の敵の数x20%上昇
その他2ボスダメージ12%上昇ボスダメージ15%ボスダメージ15%ボスダメージ15%スキルダメージ15%
その他3スキル率1.2倍スキル率1.2倍ボス戦時攻撃25%バフスキル率1.2倍スキル率1.2倍
備考実はお腹があまり引き締まっていない小さいことを指摘されると怒るロータスレイクの下の方の女王様ハナモモ口調のおっぱい王族元老院さん超ド級フードファイター

スキル発動率1.2倍上昇のアビリティを持つキャラは非常に多いため、ぶっちゃけ強いアビリティを兼ね備えているならば、ある程度好みで選んでしまってかまわないが、ここで注意すべきことが1つある。
新春エーデルワイスをはじめとして、様々なキャラが持っている「スキルダメージが上昇する」、「ボスに与えるダメージが増加する」という種類のバフは、『乗算バフ』という少々特殊なもので、元の攻撃力が十分でないとその効果の恩恵を受け辛い特性がある。(これらの他にも、乗算バフはいくつか存在する。)
したがって、元の攻撃力を大幅に引き上げてくれるバフを持つ花騎士を同時に編成することが有用となってくる。また、乗算バフのほとんどは特定の条件下でのみ有効になるスキルである。そのため、彼女達の本来の実力を引き出すためにはある程度工夫する必要がある。

新春エーデルワイスは、禁忌の乗算アビリティ2種持ちの一人。非常に攻撃的なアビリティ構成なので、1ターンスキルPTの火力上げ要員としてだけではなく、後述するデバフPTや回避PTの自由枠に入れて、火力を高めてもらうといった手段を取ることもできる。(オミナエシに挑発と回避を担当して貰っているデバフPTで特に有効である。)

ハス(ジューンブライド)は、上記の新春エーデルワイスと比べると、スキル発動率1.2倍の代わりにボス戦時は攻撃25%バフが付与される。ゆえに、スキル発動率が十分確保できているならば、真っ先に編成に入る候補となる存在だろう。また、自前の攻撃バフによって、元の攻撃力を大幅に上げて乗算バフを活かすことができるという点も優秀である。もちろん、新春エーデルワイスと同時に編成すれば更なる破壊力が見込める。

ちなみに同じ乗算アビ2種持ちとして新春アイビーがいるが、攻撃デバフアビリティを持つため、1ターンスキルPTにおいてはやや優先度は下がる。それでも、攻撃バフと攻撃デバフのどちらも非常に強力なキャラなので、1ターンスキルPTや後述するデバフPTのどちらに編成しても十分な活躍が期待できる。

他には、【1ターン目自身のクリティカル率100%・ダメージ60%上昇】のアビリティによって、一人だけ桁違いのダメージを叩き出すことができるシロタエギク(クリスマス)アグロステンマを編成してみるのも面白い。詳しくは検証待ちだが、他のメンバーによるバフ量が十分なら総火力は大幅に増える可能性が高い。

元の攻撃力を大幅に引き上げてくれるバフを持つ花騎士の候補としては、サクラウキツリボク(競技会)などがいる。この2人は属性、スキル、移動力が同じでアビリティもほぼ一緒なので、好みの方を選んで構わないだろう。ただし、2人同時に入れる場合は移動力のケアが必要になってくるので注意したい。

その他(再行動、複数属性付与等)
画像
名前ウサギノオオジギソウヒツジグサカカオセンリョウ(クリスマス)
スキル・発動率全体2.8倍・27〜37%1.8倍×3・24〜34%全体2.8倍・27〜37%全体2.8倍・27〜37%1.8倍×3・24〜34%
攻撃バフ15%15%※120%15%
その他11ターン目再行動100%斬・突・魔属性付与自身+2人打・突・魔属性付与自身+2人常時再行動50%1ターン目再行動100%
その他2攻撃力に移動力の150%を加算※2クリティカル率20%1ターン目自身のスキル率2倍1ターン目自身のスキル率2倍
その他3移動力150加算スキル率1.2倍クリティカルダメージ25%上昇スキルダメージが15%上昇ボスダメージ12%
備考爆速おっぱいウサギ敏感エレメンタルマスターロータスレイクの上の方の女王様背伸びしたい盛り年末名物イソガシの相方
※1 ヒツジグサの攻撃バフは少々特殊で、パーティメンバーの属性の種類が多いほど、攻撃力が上昇(1属性で15%、2属性で30%、3属性以上で45%)となる。
ただし、アビリティによって追加された属性は対象外になるので、なるべく多くの属性で編成しよう。
※2 オジギソウの2つ目の攻撃バフは敵の数が減るほど上昇率が高くなるウキツリボク(競技会)と同系統のもの。

再行動100%の状態でスキル発動が確定すると、スキルの2連続発動が確定するので、下手なバフをかけるよりも強力である。ただし、1ターン目に自身のスキル発動率2倍のアビリティを持っているカカオセンリョウ(クリスマス)デンドロビウムについては、1.65倍組と下手に組むとスキル発動率が100%を簡単に超えてしまい、バフに無駄が出てしまう。なので、あえて1.65倍組と同時に編成せずに、全花騎士中唯一である『全員の1ターン目のスキル発動率を2倍にする』アビリティを持つシンビジュームと同時に編成することも選択肢として考えられる。

オジギソウヒツジグサは敵が全て異なる弱点属性で出てくるような場合、例えば水影の騎士第2章のようなステージを攻略するときに入れておくと有効である。また、下記のエレメンタル型編成の記事で詳しく述べるが、オジギソウやヒツジグサを含むPTの編成を工夫することで、全員が必ず敵の弱点をつくことができるようになる。

編成例(4月12日以前の内容、近日追記予定)

スタンダード型
ウサギノオカトレア(光華)エーデルワイス(新春)エノテラサクラ
・総攻撃バフ量:204%(敵は3体を想定、装備無し、育生アビリティの「1ターン目の攻撃力15%上昇」を含む)
・スキル発動率:1.4倍+3.3倍(素のスキル発動率が24%でも100%確定)
・その他:ボスダメージ51%上昇、スキルダメージ15%上昇
・参考期待ダメージ(育生アビリティ:1ターン目の攻撃力15%上昇)


最も基本的な編成。各団長のキャラの手持ち次第ではあるものの、出撃するステージに登場する敵の弱点属性をつくことができるように編成を微調整すると、より高い戦闘力を期待できる。
ちなみに、ウサギノオの枠をアプリコット等のバリア持ちや、育生アビリティの挑発をつけたサフラン等の回避持ちに変更することで、1ターン目で敵を倒しきれずに手痛い攻撃をもらう場合でも、被ダメージをある程度軽減することができる。(とはいえ、下手に防御系のアビリティ持ちを入れるくらいなら、むしろ火力を高めた方が結果的に安定する場合がほとんどである)

エレメンタル型
ニシキギシロタエギク(クリスマス)エーデルワイス(新春)オジギソウスイレン(ジューンブライド)
・総攻撃バフ量:147%(敵は3体を想定、装備無し、育生アビリティの「弱点ダメージ20%UP」を含む、オジギソウのみ157%になる)
・スキル発動率:1.6倍+3.3倍(全員スキルレベル1でも100%確定)
・その他:ボスダメージ15%上昇、スキルダメージ15%上昇、全員が常に弱点特攻(ダメージ50%上昇)
・参考期待ダメージ(育生アビリティ:弱点ダメージ20%UP)


スキル発動を確定させた上で、更に全員が敵の弱点をつくことができる点が最大の特長。上のほうで例を挙げたスタンダード型編成とあまりメンバーが被っていないため、強力な1ターンスキルPTをもう一つ組みたい時におすすめ。ニシキギ&新春エーデルワイスのセットの代わりに、イベリス&ペポのセットを編成することも可能。(ただし、どちらか一方のみを置き換えることは不可能)
また、スイレン(ジューンブライド)の枠にはクルクマを代わりに採用してもよい。

構成メンバーがかなり限定される分、その破壊力は折り紙つき。なお、単体へ3回攻撃するスキルを持つキャラが3名いる関係上、敵の数が少なければ少ないほど単体あたりの火力は高くなる。

君が死ぬまでッ殴るのをやめないッ!!
デンドロビウムカカオセンリョウ(クリスマス)シンビジュームサクラ
・総攻撃バフ量:139%(敵は3体を想定、装備無し、育生アビリティの「1ターン目の攻撃力15%上昇」を含む、デンドロビウムのみ149%になる)
・スキル発動率:デンドロビウム・カカオ・センリョウ→1.2倍+4倍(スキルレベル1でも100%確定)、シンビジューム・サクラ→1.2倍+2倍(シンビ48〜72%、サクラ62〜86%)
・その他:ボスダメージ24%上昇、スキルダメージ15%上昇(カカオのみ25%上昇)、デンドロビウム・センリョウ再行動確定、カカオ再行動50%
・参考期待ダメージ(育生アビリティ:1ターン目の攻撃力15%上昇)


上で挙げたスタンダード型やエレメンタル型と比べてやや安定感に欠けるものの、カカオの再行動や、シンビジュームとサクラのスキルが発動すれば、かなりのダメージを叩き出すことができる。サクラを新春エーデルワイスか新春アイビーに変えた場合は、更に打属性に対して強くなる。

火力増強型
エノテラアイビー(新春)シロタエギク(クリスマス)エーデルワイス(新春)サクラ
・総攻撃バフ量:172%(敵は3体を想定、装備無し、育生アビリティの「1ターン目の攻撃力15%上昇」を含む)
・スキル発動率:1.4倍+3.3倍(素のスキル発動率が24%でも100%確定)
・その他:ボスダメージ54%上昇、スキルダメージ45%上昇
・参考期待ダメージ(育生アビリティ:1ターン目の攻撃力15%上昇)
(敵が3体の時)
(敵が1体の時)

スレに上がってた、スタンダード型から加算バフを少し減らした代わりに、乗算バフ(主にスキルダメージ)を増やした編成。
なお、エノテラはスイレン(ジューンブライド)に変えても問題ない。火力は若干落ちてしまうものの3人に突属性を付与できるので、属性による相性が大幅に改善される。

エレメンタル型と同様に、このPTは単体へ3回攻撃するスキルを持つキャラが多いため、敵が多ければ多いほど単体あたりの火力が落ちてしまう。
一方で、敵が1体だけの場合は属性の相性次第で80万ダメージを叩き出すことができるというロマン溢れた仕様となっている。


以上、いくつかの編成例を挙げたが、どの型も1ターン目の火力には目を見張るものがあり、それぞれに違った良さがある。
その中でも、エレメンタル型と火力増強型は汎用性が高いため、どちらの編成を先に作成するかは好みで良いだろう。
毎ターンスキル確定型
フォックスフェイス(昇華)ステラチョコレートコスモス(昇華)ホーリー(昇華)フェンネル(温泉浴衣)
スキル発動率1.28〜1.36倍を持つ花騎士を中心として毎ターンの(ほぼ)スキル発動を可能にしたパーティ。スキル率34%の場合は95%前後のケースが多い{が、まあそんなもの誤差だよ誤差(727敗)}
上記パーティは外部に光ゲージ+虹ランタナのパーティを置くことで条件が難しいながらも高いバフ効率を持つステラ、ホーリーのバフを有効にすることで、それほど火力量が多くないという1.36倍の欠点を補っている。
またバリアと回避二人を採用することで3ターンほどの戦闘を行うことを念頭に置いており、1Tスキルパとの差別化を行っている。現行の高難易度でスキルを主軸に戦闘を行う場合属性軽減が非常に重くのしかかるため、自由枠には複数属性付与を採用するのがいいだろう。上記で採用されている1.36倍花騎士は全員属性を散らしてあるので効率よく付与を撒くことができる。


クリティカルパーティ

クリティカルPTとは?


クリティカル攻撃(ダメージ50%上昇)を主軸としたPT。

2018年4月2日に、一部キャラのクリティカル関係のバフの数値が上方修正されたのを皮切りに、関連アビを持つ花騎士がどんどん強化されている。
クリティカル関係のバフを持つキャラ間の性能格差が軽減されたため、自分の好みの花騎士で編成しやすくなった。更に、発動率やダメージ加算率が増えたことにより編成の幅も増えて、実用性は以前よりも大幅に増している。場合によっては、1ターンスキルPTよりも高いダメージを出すことも可能になった。

まだどの編成を組むべきか悩んでいる団長は、この機会に一度クリティカルPTの編成を検討してみてはいかがだろうか。

1ターンスキルクリティカル
コムギシュウメイギクヒツジグサコルチカムクガイソウ
1.65倍とクリティカルを持つ花騎士を組み合わせて1ターン目にスキルを確定させつつクリティカル攻撃を行うパーティ。概ね基本形といっていい。
基本的にクリティカルの発動の有無が火力に直結してしまうので、上限である発動率80%アップギリギリまで盛るのが定番。(この編成だと5%あぶれている)
1.65倍とクリティカルを持つ花騎士は他にデージー(20%)とタチアオイ(10%)がいる。他のキャラクターのクリティカル率を見ながら選んでいくといいだろう。
デバフクリティカル
シャクヤク(ハロウィン)スノードロップ ラベンダー(バレンタイン)イフェイオン(昇華)ストレプトカーパス
上限まで盛った攻撃デバフと被弾後のスキル率を上げるストレプトカーパスにバフ量の多いデバフ持ちを組み合わせた編成。デバフである程度ダメージ減ができ、第三ターンまでありそうな場合には特に輝く。
再行動クリティカル
ヒメシャラ(クリスマス)ウサギノオハリエンジュ(昇華)エニシダ(クリスマス)サボテン
上振れに上振れに重ねて殴る編成。確率再行動であるヒメシャラ(40%)とサボテン(60%)をエニシダの15%アップで補助しながら、上限まで盛ったクリティカル率で以て攻める。
ウサギノオは1ターン目のみ確定だが、どのみち防御手段がない上記編成ではそれほど長く戦えるわけではないのであまり気にならないだろう。
スキル率の補助として1.36倍のハリエンジュを入れているが、エニシダを諦めて1.65倍を2人入れて1ターン目に再行動するのを祈るのもいい。最大の上振れを引ければどんな敵でも粉砕できるだろう(弱点以外軽減を除く)
防御反撃
アジサイ(昇華)オシロイバナ(昇華)アネモネカカラ(昇華)ラナンキュラス(昇華)
反撃にクリティカルが乗ることを利用し、防御バフによるある程度の耐久力とアジサイによるスキル確定も加えて安定したダメージを常に与え続けることを主眼にしたパーティ。
防御バフを盛ることで防御時のダメージ軽減が50%に達するほか、この防御はデバフと違い最終ダメージにかかるため敵の攻撃バフの影響を受けにくい。また 防御することで与えるダメージが2倍になる超反撃が発動する。(回避、バリアなど自身で延命アビリティを持っていると超反撃をもっていなかったりする。)
花騎士というゲームは基本的にスキル攻撃が主なダメージソースなのだが、敵の攻撃を耐えようとするとバフがおろそかになり与えるダメージが下がってしまう。
またスキルを確定させる手段に乏しく、毎ターン安定したダメージを与えることが難しいほどにランダム性が高い。
しかし反撃の場合防御を盛ることが火力にそのまま結びつくほか、ターンをまたぐことそのものがダメージに直結するのでブレ幅が少ない。形態変化による強制ターン移行や属性軽減といった高難易度の仕様に極めて相性がいいのが特徴である
上記の場合アネモネ以外は虹パネル2枚でスキル確定が可能になるため、技花は優先して与えたい。
パーティの攻撃力が落ちるが、強力な単体攻撃を持つ敵を相手にする場合ならサフランなどの回避持ちを入れてもいいだろう。
道中のせん滅力を上げたいならシンビジューム(昇華)、デージーが防御バフも持っているスキル上昇キャラのため相性がいい。
戦術の根幹が防御発動なため、可能な限り防御バフを持っている花騎士をいれることが望ましいだろう。
昇華ばかりで面食らうパーティであるがアネモネ、ヘレニウム、サフラン、タラゴン、フリチラリアで純虹編成も可能になった。その内、アネモネとヘレニウムは若葉チケットですぐに手に入れることができる。

デバフパーティー

デバフパーティとは?

花騎士では実装時期に関係から、一般的に攻撃デバフ(敵〇体の攻撃力を〇%低下させる)のことをデバフと呼んでいるが、現在は他にスキル発動率、攻撃ミス率のデバフも存在する。
これらを複合して持っている花騎士も増えてきたので、組む場合はそれぞれのデバフの種類をちゃんと角煮し手押し隊
攻撃デバフ回避パーティ
マロニエエピデンドラム(水着)スノードロップヒガンバナ(世界花の巫女)ヤマブキ
回避キャラクターであるヤマブキに育成アビリティ挑発をつけることでヤマブキに攻撃を集中させ、回避とデバフでダメージを減らしながら吸収スキルでHPを維持して長期間戦う編成。
上記だとスキル率が1.6倍になるためスキルも出やすいほか、攻撃バフが高めになるので吸収ダメージ量も多くなる。
このように、デバフでダメージを減らしながら、主に自由枠を使って何らかの別の手段で以て長期間戦えるようにする、もしくは自由枠のキャラクターでダメージを稼いでいくのがデバフ編成の基本になる。
昇華で防御バフを併用したキャラクターも多くなったため、こちらも併せて盛ることでさらにダメージが減らせるようになった。
スキルデバフパーティ
シャボンソウヤドリギカウスリップ(メイド)エリンギ(昇華)リンドウ(昇華)
スキルデバフ率は最大が90%まで盛れる特殊なデバフである。このデバフは敵のスキル発動率を減算するもので、強力なスキルを持つ敵の攻撃をやり過ごすことができる。
性質上回避とは相性がいい。上記編成はそれを意識したものとなっている。
適用式は 敵スキル発動式*(100%-スキルデバフ値)=最終的なスキル発動率。例として上記の場合敵スキル率が80%なら戦闘時は8%となる。
また攻撃バフが盛りにくいという欠点を持つため、上記のようにカウスリップ(メイド)やアキレア(監獄島)、攻撃バフに依存しないハリエンジュ(フォスの花嫁)などで補強するといいだろう。
ワレモコウ(昇華)ニチニチソウ(昇華)ツルバキア(昇華)自由枠自由枠
2019年7月22日アップデートにより、ツルバキアが回避持ちのスキルデバフ30%、ワレモコウ(銀)がターン経過バフ持ちのスキルデバフ30%として追加され、上記3人とシャボンソウの4人中3人で90%を満たせるようになった。特にツルバキアはスキルデバフ、スキル1.2倍、回避持ちでかなり理想的な特性である。
この編成だと敵スキルをほぼ完封した上でツルバキアが回避する形になる。自由枠はスキル発動率上昇中心に固めたい。
攻撃ミスパーティ
カルセオラリア(昇華)ニリンソウ(監獄島)(昇華)ホワイトチューリップ(昇華)チューベローズ(昇華)イベリス
現状虹キャラクターではイベリス、ハギしかもっていないため、必然的に昇華が中心になるパーティ。イベリスも相性面、単純なパワー面で噛み合っているとは言いがたいため、組む場合は全員昇華させるつもりで臨もう。
ミスは計算式的には敵の攻撃命中率を下げるアビリティである(書き方を読むと「ミス発動率」という特殊な項目を上げているようにもみえるが、敵の命中率上昇バフの影響を受けるためおそらく適切ではない)
基礎命中率100%-ミス率=最終命中率である。性質上、敵が命中バフを使用した場合、回避を併用しない限りほぼ無意味なアビになりがちである。そのためまずは回避を併用することを念頭にいれよう。
(敵命中率30%アップの場合、(130%-ミス率)×回避率で計算するらしい。検証数が少ないほか元々マスクデータのため断定はできない)
上記は攻撃デバフ、スキルデバフ共に40%を盛り込んだ複合デバフの構造になっている。また回避が2人いるほかチューベローズは反撃ももっているため、粘れば粘るほどにダメージを稼いでくれる。
性質的に回避キャラクターのみが最終的に生き残る場合が多いため、再行動や吸収スキル、ガッツや自己バフといった自身に影響の強いアビリティ、スキルをもつ回避キャラを同時に編成したい。

回避パーティ

回避パーティとは

デバフ、スキルパを使ってもダメージレースで勝てない強敵の場合、最終的に回避運に頼りながらターンを跨いで戦う運ゲー理論になる。
高難易度だと命中バフを使う敵もいるが、計算式の都合実際のところ額面ほど回避率に影響がでるわけでもなく、試行回数次第で避けることはたやすい。
また該当キャラが多岐にわたるため、原則的には多少の他アビは気にせず弱点を突ける花騎士を編成してとにかくつっこむことになるだろう。
バリア復活併用型
ウサギゴケホシクジャクキリンソウ(クリスマス)ペンタス(昇華)リトープス(昇華)
バリアと回避は回避した場合はバリアは消費されないためとても相性がよく、ぜひとも併用したアビリティである。
上記はそれに加えてホシクジャクを採用することでバフの確保と更なる耐久を見込んでいる。
キリンソウ(クリスマス)は被弾時に30%のダメージ乗算を盛ることができる。これは回避した場合でももちろん有効。
後ろに入っているペンタス、リトープスは昇華ながら1.2倍と防御バフを併せ持つ耐久性の高い回避キャラクターである。
特にガッツは回避が50%に下がった後も変わらず発動するため、ホシクジャクの復活と相性がいい。リトープスは経過バフ、ペンタスは再行動を持っており、他のアビをみても上振れを狙いやすい構成になっている。
回避ガッツバリア型
サフランツバキ(昇華)バイカモ(昇華)ペンタス(昇華)ブラキカム(昇華)
一撃で即死させてくるヤベー的に徹底して対抗するための構成。回避とバリアとガッツでとにかく即死をやり過ごすことを念頭においているほか、防御バフをたくさんもって反撃でもある程度殴れるようにしてある。
ブラキカム、ツバキのバフが優秀なため火力もそこそこあり、また副次効果としてなめさんのような1ダメ固定の敵にも比較的強い。

その他

ソーラードライブパーティ
「ソーラードライブ発動率70%上昇」を持つ花騎士を5人編成したパーティ。300%まで貯めれば大抵の敵に安定した大打撃を与えられるため、クリア安定のための押し込みとして需要が高い。
また周回ステージではこれを使った高速周回によるアンプル稼ぎもあり、該当キャラクターがクジラ艇でも出番があることからぜひとも組みたいパーティの一つでもある。
マンリョウハナミズキゴギョウアサガオ(昇華)ストロベリーキャンドル(昇華)
性質上ソーラードライブにアビリティの主軸が置かれているため他のアビの優先度が低く、極論ソーラードライブ持ちを5人並べればそれで充分である。
マンリョウは1.65を持ち、厳しいながらも1.2倍持ちを4人入れて虹パネルを踏むことでソーラードライブに加えてスキルでも攻撃することが可能。
ハナミズキは初期ゲージ100%を持っているため、安定してドライブを打てる他、ホエイルカノンを打ちたいクジラ艇でもお呼びがかかる。
ゴギョウは虹では希少な3回スキルであり、アタッカーとして優秀である。仮に道中を重視するならシャインドロップを集められるエニシダもいいだろう。
アサガオはソラビ属性では希少な打、斬の二種を付与できるキャラクターである。実はこの二種を付与できるキャラ自体少ないのでもしかしたら他所のパーティでも御呼ばれするかもしれない。何気にゲージ50%ももっている。
ストロベリーキャンドルは初期ゲージのほかに祭壇パネルを設置できるため、単独でかなりの光ゲージを確保できる可能性も持っている。回避もソラビはパーティ人数を問わない(一人でも残っていればいい)ため、
なかなか相性がいい。

高速パーティ
通常任務等での高速周回に念頭を置いた編成。移動力〇アップと掛かれたキャラクターを編成して、とにかく少ないクリック数と戦闘数でマップを回すのが目的。
ウサギノオイヌタデワルナスビ(昇華)アンスリウムレッドジンジャー
育成アビ込み、最高速度1550の組み合わせ。イヌタデとアンスリウムの昇華を待ちたい。

このページへのコメント

なんで高速PTこんなに削られたの

0
Posted by 名無し(ID:YKwZGBSjBw) 2019年10月08日(火) 19:15:17 返信

クリパに記載されている防御反撃パを耐久に入れ、個別化したい。

防御反撃も純虹で一応組めるようになったしね。

個別化したほうが昇華キャラでの改善案を記載しやすいと思う。

2
Posted by 名無し(ID:MhLzWDJT/Q) 2019年07月30日(火) 20:18:14 返信

最近の環境や流行りがよくわからない…歴戦の団長殿がこのページ更新してくれないかな

0
Posted by 名無し(ID:fjO+E8LhXQ) 2019年07月30日(火) 03:25:53 返信

クリティカル反撃PTとかまとめてみるのはどうだろう?

2
Posted by 名無し(ID:v3bw2CGMoQ) 2019年04月23日(火) 02:12:10 返信

デバフの自由枠と回避型にクリスマスキリンソウというダメージバフ山盛のヤベーヤツが・・・

0
Posted by 名無し(ID:l711dcnNvw) 2018年12月17日(月) 22:18:19 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます